しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

ANA国内線の特選フライト 7月から9月はベストシーズンの沖縄!  

f:id:norikun2016:20170530055236j:plain

ANA国内線特典航空券の特選フライト。

特選フライトとは

通常、特典航空券は枠がある。特選フライトは普通席に空きがある限りマイルを使って特典航空券を発券することができる。

ANA特選フライトは3ヶ月毎に対象地を変えて続いている特典航空券のキャンペーンで2017年4月~6月は沖縄と中国地方(羽田広島、羽田岩国、羽田岡山、羽田山口宇部の各路線の1便)が対象でした。

2017年7月から9月は再度沖縄が対象となります。
梅雨明けした沖縄のベストシーズンです。

f:id:norikun2016:20170530063901j:plain

特選フライトは通常の国内線特典航空券のルールと同じ。
従って片道で発券できるので、
①特選フライト+通常購入
②特選フライト+LCC

等々色々な組合せも可能だと思います。
沖縄のベストシーズンは台風シーズンでもありますが夏の沖縄は最高です。

ANA国内線の特典航空券 特選フライトで沖縄へ 
2017年7月から9月の詳細

詳細は以下の通り。

対象日:2017年7月1日~9月1日
予約:搭乗の2ヶ月前の同一9時30分旅行開始日の4日前まで申込可能。2017年8月10日~21日は対象外。

リンクはこちら。

ANA国内線特典航空券 2017年7月~9月 特選フライト 沖縄│ANAマイレージクラブ

対象便は以下の通り。
便によっては早い時間の出発になります。
例えば那覇羽田の7時50分発はちょっと早いですね。この場合JALの特典を使うとかLCCを使うとか、色々考えられるかなと思います。何れにせよ直前の航空券購入は高いので出発日が近づくにつれてマイルの価値が上がっていきます。

出発 到着 便名 出発時間 到着時間 必要マイル
羽田 那覇 NH477 15:55 18:20 9,000
那覇 羽田 NH460 7:50 10:15 9,000
関西 那覇 NH1737 15:30 17:30 7,500
那覇 関西 NH1734 10:40 12:40 7,500
中部 那覇 NH3769 14:55 17:10 9,000
那覇 中部 NH3770 12:00 14:15 9,000
福岡 那覇 NH1209 15:00 16:45 7,500
那覇 福岡 NH1200 7:10 8:45 7,500

 

利用条件

利用条件についてはANA国内線特典航空券のルールに基づきます。

詳細は以下の通り。
片道5,000マイルより利用可能。
搭乗の2ヶ月前の同一9時30分旅行開始日の4日前まで申込可能。
空席待ちは不可。
予約後の変更は希望する出発日の4日前までに同区間で日付のみ変更可能。
有効期限は発行日の翌日から90日間有効。

必要マイル数は、シーズンによって異なる。

ローシーズン(L)、レギュラーシーズン(R)、ハイシーズン(H)の3つに分かれていて、例えば2017年の日本発アジアのシーズンは以下の通り。

L:1/5~1/28、4/1~4/28、12/1~12/22
R:3/1~3/15、5/8~8/9、8/22~11/30
H:1/1~1/4、3/16~3/31、4/27~5/7、8/10~8/21、12/23~12/31

払戻し・・1名につき3,000マイル。1区間ずつ予約の場合は1区間ずつ3,000マイルの払戻手数料が必要。 

国内線の特典航空券はライフタイムマイルの加算申請も忘れずにしたいですね。
こちら参考まで。

 

空き状況を確認

7月1日発の羽田発沖縄で確認してみました。

f:id:norikun2016:20170530060333p:plain

赤丸が特選フライトの便です。
早い時間帯は空きがありません。やはり夏の沖縄は人気が高いです。

f:id:norikun2016:20170530060410p:plain

通常運賃だと変更不可の旅割28で16,190円。
これが21日を切って来ると旅割ではなく特割だけになってくるので片道26,000円ほどの運賃になり高くなります。必要マイル数は直前でも変わらない訳ですからマイルの価値は高まります。もちろん、席は埋まってくるので枠を取れるかという問題も出てきます。

f:id:norikun2016:20170530060428p:plain

 

まとめ 

希望する日までに時間があれば旅割を使えば安く購入できますし、
特典航空券の枠もまだ残っている可能性も高いです。ただそこは夏の沖縄。ベストシーズンと言うことで夏休みが近づくにつれて取りにくくなり特選フライトは絶好の使用の場だと思います。ただ1路線につき1便しかないので時間帯が早朝等使い勝手が悪い便もあります。そこはLCCを使ったり他のマイレージを使うことも一つかなと思います。

ANAJALの特典航空券を発券についてはこちら。


さて、夏は台風シーズンで遅延・欠航はつきものです。
ゴールドカード以上で補償が付いているものが多いですが、利用付帯(航空券をそのカードで購入すると保険がつく)、自動付帯(航空券を購入しなくてもOK)があります。夏の前にクレジットカードの見直しも必要かなと思います。こちら参考まで。

スポンサーリンク

 

関連記事