読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

【ANA】国内線プレミアムクラスでステータスの体験をしよう

ANA

こんな感じで疑問に思いました。

国内線プレミアムクラスのサービスとプラチナ(SFC)の特典はかぶっていることが多い。ならば、プレミアムクラスに搭乗することでSFCの体験が可能では? 

今年SFC修行をする中で何度か国内線プレミアムクラスに搭乗しましたが、
修行を終えて感じたことの一つに『プラチナ特典と結構かぶってるやん』と言うのが
あります。もちろん、シートが良いとか食事が出るのはプレミアムクラス特有のサービスですが、地上で受けれる特典は共通点が多いです。
従って、プレミアムクラスを体験することでSFCの特典・魅力が垣間見れるのではと思いましたので、そんなサービスについて紐解いてみたいと思います。

 

国内線プレミアムクラスのサービスについて

空港に到着しました。先ずは、チェックインですね。

 

プレミアムチェックイン

チェックインは自動で或いはskipサービスを利用する機会が多くなっていると思いますが、プレミアムチェックインは予約・購入・座席指定その他で対面でのサービスが必要な場合にとても便利です。また荷物を預ける時はこちらの方が早くて便利だと思います。

プレミアムクラス搭乗の場合、体験してみると言うことで自動チェックインではなく優先チェックインの利用をお勧めします。

こちらは羽田空港のプレミアムチェックイン。

羽田空港ANAプレミアムチェックイン

 

 

優先保安検査場

羽田空港だとプレミアムチェックインのフロアに保安検査場があります。
荷物チェックをする場所ですね。通常の検査場は週末になると激混みですが、
ここだとすんなりと抜けることも可能です。
尚、優先保安検査場は全ての空港である訳ではありませんのでご注意を。
設置場所は、羽田第二ターミナル、伊丹空港福岡空港第二、第三ターミナル、新千歳空港

こちらは羽田空港にて、左側が優先保安検査場です。

羽田空港のANA優先保安検査場

 

 

ANAラウンジの利用

保安検査の後はラウンジです。本人に加え同行者一名が利用可能になります。
国内線で利用可能なラウンジは以下の通り。

羽田・成田(アライバルラウンジ)・伊丹・関西・札幌(千歳)・仙台・小松・中部(共有)・岡山・広島・ 松山・福岡・熊本・鹿児島・那覇

出発前にゆっくり過ごすことができるのので快適そのものです。
ラウンジが利用できる様になってからは空港に早く行くようになりましたね(笑)

尚、どのラウンジもサービスに大差はありません。
軽食類、飲み物その他ほとんど同じです。こちらは羽田空港

羽田ANAラウンジ内

羽田のANAラウンジでの飲み物サービス

こちらは関空で利用したラウンジをまとめたものです。


 

優先搭乗

高齢の方、小さなお子さん連れの方、妊娠中の方、その他お手伝いの必要な方に続いて、優先的に機内へ案内されます。

こちらは羽田発伊丹行ですが優先搭乗が長蛇の列になっています。
優先搭乗の意味をなしていませんね。とは言え、羽田ー那覇便他
400~500人が搭乗する路線においては機内がごった返しますので、
早目に機内に入る、のは良いかと思います。

ANA国内線優先搭乗の風景

 

尚、プレミアムクラスは現地到着後においても優先的に降機することが可能になります。機内前方にシートが設置されてますので時間がない時は威力を発揮しますね。

 

プレミアムクラスに搭乗

プレミアムクラスの機内サービスはANAステータスには関係がなく独自のサービスです。魅力はシートピッチが広くゆったりとしている、食事が出る、ことですね。

ふかふかのシートに幅・足元が広く2時間を超えるフライトもあっと言う間になります。

プレミアムクラスのシート

ANAプレミアムクラスの足元

さて、お待ちかねの食事です。
時間によっては軽食になったり、フライトが短い場合は茶菓子になります。

ANAプレミアム御膳

飲み物はスパークリングワイン、白・赤ワイン、日本酒、焼酎、ビール、
ソフトドリンクからお好きなものを、お好きなだけ。

ANAプレミアムクラスでスパークリングワイン

アメニティとしては高性能ヘッドフォン、ウール100%の毛布、国際線ビジネスクラス用のスリッパがあり、希望すれば枕、アイマスク 、耳栓、マウスウォッシュがあります。 
こちら関空羽田の短い距離で乗ってみました、参考まで。

 

荷物受取は素早く

荷物は優先して出てきますので、時間のロスなくストレスフリーで次の目的地へ
足を運ぶことが可能になります。

 

 

プレミアムクラスまとめ

プレミアムクラスに搭乗することで、チェックインから荷物受取までANAプラチナステータス(SFC)の体験をすることができます。飛行機に乗る予定があってプレミアムクラス設定路線であれば、片道だけ体験してみるのも良いかもしれません。然しながら、相当快適ですので一度乗ったら病みつきになるかもしれません、その点ご注意ください(笑)
こちらはSFCの特典をまとめたものです、参考まで。

 尚、プレミアムクラスは全ての路線で設定されていません、設定空港は以下の通り。

羽田、成田、伊丹、関空、新千歳、広島、福岡、熊本、鹿児島、那覇

 

運賃についは旅割28が最も安い設定となっています。
羽田ー那覇だとプレミアムポイントは2,860ですから単価10を余裕で切る感じです。直前で乗ってみたい、と言うことであれば株主優待割引を使うのも手でしょうね。
私も何度か優待のお世話になりました。

ANAプレミアムクラスんの運賃

 

あと、国際線だとプレミアムエコノミーでステータスの体験が可能です。
その場合、通常の運賃は高いですので、旅作を利用すれば随分とお得になりますよ。


 

関連記事