しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

ANAビジネスクラスに変化 ニューヨーク線は安値を更新!

ANAボーイング787

ANAビジネスクラス、プレミアムエコノミーは最近変化が起きている気がします。

例えばニューヨーク線のビジネスクラス通常購入での運賃タイプ。
今までは3,4のタイプだけだったですが、40万円代の*Pクラスの運賃が新たに出てますね。これでも高いことは間違いないですが、通常の運賃でも売っていこうという戦略ですかね。*Pクラスはマイル加算が70%。

ANAニューヨーク線の運賃

こちらはロサンゼルス。最安値がアップグレード対象のZで36万円ほどになっているので、これも大分下げてきている感があります。今までの正規運賃が高すぎた、と言うのもあるかもしれないですが、有償でも売っていこう、そんな変化がある気がします。

ANAロサンゼルス線の運賃

 

さて、ANA欧米線でのビジネスクラス
今まで欧米線だけは違う感じがありましたが、このように最近変わって来た感があります。変化の兆しが見え始めたのは激安セールでした。

9月初めにバンクーバー線の激安ビジネスクラスが登場しました。
宿泊費込で12万円前後からなので北米での価格としては衝撃でした。
航空券だけだと10万円ほどになります。

【ANA旅作で衝撃】 プレミアムエコノミーより安いビジネスクラス登場! - しーずざでい SFC修行とかマイルとか


バンクーバー以外の欧米線は下がっておらずバンクーバーが特別だったことが分かります。尚、現在も価格はほぼ据え置きになっているので、少なくとも今年度は同じ価格で推移すると思います。 

そして、今回はニューヨーク。
ANAタイムセールでニューヨーク線の激安がありました。
セールが始まった当初はなかったと思うので、最近になって追加されたのかと思います。セール期間は11月8日17時まで。

ドル箱であり華がある路線なのでさすがに10万円台とはいきませんが、3泊込みで今まで見た事がない価格が登場しました。1月のニューヨーク、ちょっと寒いですがお勧めです。

 

旅作ビジネスクラスで行くニューヨーク

1月12日発の3泊で234,200円が出ました。(2人で486,400円)通常購入すると前述の通りマイル70%加算で40万円なので相当下げています。また出発地は羽田で時間帯も悪くないですね。ホテルはホリデイイン・ブルックリン。マンハッタンからは少し離れていますが、設備その他は十分でしょう。1名1室でも25万円ほどなのでそこまで変わりません。

旅作ビジネスクラスで行くニューヨーク

 

その他にもヒルトン、ノボテルと言った有名どころがあるのでお好きなホテルでと言うことになります。尚、このように他のホテルもあまり変わらない価格設定なので、今回のセールは航空券自体の価格を下げてきた、と言えると思います。

ANA旅作でのホテル

 

今回のセールは12日発のみでピンポイントの安値になっています。
その他の日には100万越えとかあるので、どういう設定かは謎ですね。
尚、ビジネスクラスの座席数には限りがありますので、今回も席が埋まってくれば
高くなると思います。基本的にリアルタイムで反映されるので。

旅作の月ごとの価格設定

 

次にプレミアムエコノミーでの価格。
別日ですが2泊で1人20万円ほどになっています。これも今までにない価格で随分安くなった印象ですが、これに4万円ほどの追加でビジネスクラスなので、前述のセールがいかに安いかが分かります。
尚、プレミアムエコノミーはマイル100%加算なので、SFC修行でプレミアムポイントを稼ぐ場合はこちらが良いですし魅力あります。

旅作ニューヨークのプレエコ価格

 

以前旅作プレエコが変化している、と投稿しましたが、どうやらプレエコだけではなさそうです。SFC修行僧や旅行者にとっては良い方向ですね。


今回のセールについてはこちら参考まで。


まとめ。
欧米線のビジネスクラスについては価格を下げてANAが様子を見ている気がします。
バンクーバーが第一弾で、今回は第二弾、と言ったところでしょうか。ドル箱のニューヨークで下げて来たので、今度はヨーロッパとか、ピンポイントの激安セールで出てくるでしょうね。

プレミアムエコノミーも同様に安くなっています。
今までプラチナ・SFC以上に無料開放(当日空席があれば無料でアップグレード可)していたのを有償で席を埋め無料開放は減らす、ことが顕著に表れているので、SFCの特典等に何か変化を起こしている気がします。

今回の様に安くなれば利用する方にとっては良いことは間違いないですが、一方で特典航空券の枠等が改悪されることも否定できません。こればっかりは何とも言えませんが、事実として言えることは、ビジネスクラスを始め価格を訂正し始めている、と言うことだと思います。ANAの価格その他については今後も追っていきたいと思います。

 

 

関連記事