読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

ANA株主優待が余ったので使い道を考える 

先日ANA株主優待が4枚郵送された。
3月権利確定の優待で1枚は現物取引、3枚はクロス取引で手に入れたものである。
有効期間2016年6月1日~2017年5月31日の分。

ANA株主優待

 クロス取引とは

クロス取引とは、ある銘柄の注文において、同一銘柄、同数量の買い注文と売り注文を同時に発注し、約定させる取引をいいます。楽天証券より

例えば、現物で1,000株買って、信用で1,000株売る、値崩れのリスクが無くなる一方で、権利日を過ぎると優待を手に入れることが可能になる。

 

今回4枚手に入れた訳であるが、SFC修行も終えたばかりで今のところ使う予定はない。加えて、年末等の帰省はより安く搭乗できる旅割を使うので優待の出番はない。と言うことで、売るか、使った方が良いか、考えてみた。

 

ANA株主優待の売り場をヤフオクの価格推移から考える

先ずヤフオクでの価格を調べてみたが年初に比べ安くなった感がある。1月に購入した際は4,500~5,000円であった。現在は3,500~4,000円程度。

先ず、2013~15年の過去3年間のオークションにおける価格推移を調べてみた。
オークファンのおまとめ検索を利用し過去データを取り出し、大体の平均値を調べたものである。上から2013年、2014年、2015年で下値は2,500円、上値は5,500円程度。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
4200 4300 4500 4200 4000 4100 4200 4300 4500 4700 5000 4800
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
4000 4000 4100 3700 2800 3100 3500 3000 3000 3000 2700 2800
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
2500 2700 3000 3000 3000 3900 4800 5200 5400 5500 4700 4400

2015年6月から一気に上昇していることが分かる。何が原因か?
抑えておくのは2015年5月から配布された株主優待がスクラッチ型に変更になった点。
硬貨か何かでスクラッチをして隠れているコードをHP上で入力できるようになり当日持っていく必要がなくなった。その関係で新しい現在の株主優待を集めようとする動きがあったと言われている。

参考までに。下の黒い部分をスクラッチするとパスワードを見ることができる。

ANA株主優待スクラッチ



次に、日経平均ANA株の連動指数を比べてみた。
2015年6月を100とした指数である。日経平均はそれほど動いていないのにも拘わらずANA株が7月以降一気に上昇している。ちなみにJALも同じ動き。

日経平均とANA株の価格指数

まとめると、先ず6月に需給の面で優待価格が吊り上がり、それを見た投資家が資金を市場に投入し株価と株主優待を更に押し上げたのではと推測する。8月下旬以降は大体連動した動きを見せている。

再度、現在の価格。3,500~4,000円。
過去3年を見ると5月が底値。最近は日経平均と連動。もう少し下がる可能性もあるが値崩れは考えにくい。売るならまだ先、暫く様子を見ることにする。

*あくまで個人的な見解です。

 

優待を使用する

優待を利用すると言うことはダイヤ修行を行うということだ。
その予定はないが7月のとある週。旅割がまだ空いているし優待は必要ない。

旅割の価格

尚、直近のプレミアムクラスであれば優待の方が安い。
例えば今週の羽田―那覇ならまだ空いているし優待で安く仕上がる。

ちなみに現在のプレミアムポイントは53,778。
8月までの旅程で65,000に到達する。しかし、ANAステータスのダイヤモンドは1年のみ有効であり中々気が進まない。世界を見たい気もするが。

とりあえずの結論。売る方向で。10,11月上がっていくのではと予想して。
まあ、2017年5月31日までの期限だからゆっくり待つこととしたい。

 

 

関連記事