読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

アメックスゴールド祭り キャンペーンの成果をまとめてみました

アメックスゴールド祭りについて。

2016年5月ごろよりマイラー界で過去最大のお祭りとして盛り上がりました。
そしてキャンペーンは9月に突然打ち切りと言う形で終了。まさかと言う展開でびっくりしました。

キャンペーンについては皆さんが詳しく記事にしているので書かないつもりでしたが、キャンペーンで得たポイントで実際に旅を開始しブログに書いている以上はマイルの出どころも出した方が良いと考えましたので書いてみたいと思います。

とは言え、キャンペーンは終わったのでそれ自体は参考にならないかもしれませんが、こんな出来事があった、と言うことだけ分かってもらえれば。

先ずはアメックスゴールド祭りってなんぞや?ってことについて少し。

 

 

アメックスゴールド祭りについて

キャンペーンの内容は以下の通り。
特典1;入会後3ヶ月で対象店の支払い1件ごとに2,000ポイント
特典2;年会費が初年度無料(2年目以降は29,000円+消費税)

こんな感じでカードで支払えば1件ごとにポイントが加算されると言うものでした。

アメックスキャンペーン


そして、特典1については件数に上限を設けていないことが判明しました。

そこに目を向けたのがケータイ乞食から陸マイラーへのもにもにたさん。
複数の回線を利用するなどして10万ポイント以上も可能では、と言う話になってきました。

 

 

獲得ポイント・費用について

私の手持ち携帯は2台なので粛々と活動していました。
その他、公共料金の支払いだけだと数万マイルで終わっていましたね。

今回のキャンペーンは公共料金以外で『何がどこまで付与されるか』が焦点でした。
結果論だといくらでも言えますが、何が付与されるか分からない中でのブログやツイッター上での皆さんの実践・検証は凄かったです。私はその結果を真似するだけでした。

そんな中でKDDIの国際電話は大きかったですね。
まとめられたのは、マイルで100の世界遺産!旅行記のTortさん。


そして、何と言ってもユーネクストで稼がせてもらいました。
まとめられたのは、すけすけのマイル乞食のすけすけさん。


以上の2つが私が獲得したポイントの主の部分です。

そして、まとめてみました。
電気、ガス、電話料金等キャンペーンにかかわらず費用が発生している分は除いています。かかった費用は118,405円、獲得ポイントは452,000ポイントになりました。1マイル0.25円で獲得している計算です。
ただただ、ラッキーだったという以外にありません。

科目 費用 数量 ポイント
東京電力   1 2,000
NTT   1 2,000
フール― 1,007 1 2,000
東京ガス   1 2,000
ニフティ 515 1 2,000
ドコモ   2 4,000
ヤフー 3,017 5 10,000
BIGLOBE 3,240 1 2,000
KDDI 国際 403 2 4,000
au   1 2,000
スカパー 432 1 2,000
ソネット 3,404 1 2,000
etflix 1,026 1 2,000
6月締め分 13,044 19 38,000
東京電力   1 2,000
KDDI クレジット 967 23 46,000
KDDI 国際 603 3 6,000
KDDI 電話   1 2,000
ユーネクスト 14,304 158 316,000
フール― 1,007 1 2,000
NTTコミュニケーションズ 43 1 2,000
東京ガス   1 2,000
NTT東日本   1 2,000
ニフティ 756 1 2,000
ドコモ   1 2,000
ドコモ 216 1 2,000
ヤフージャパン 3,018 5 10,000
BIGLOBE 3 1 2,000
スカパー 432 1 2,000
etflix(株)          1,026 1 2,000
ソニー ネット 165 1 2,000
7月締め分 22,540 202 404,000
東京電力   1 2,000
NTT東日本   1 2,000
フール― 1,007 1 2,000
NTTコミュニケーションズ 86 2 4,000
ニフティ 785    
ドコモ 216    
ヤフージャパン 5,874    
BIGLOBE 1,569    
KDDI 国際 584    
スカパー 216    
ソニーネット 165    
etflix(株)          1,026    
ユーネクスト 68,761 884  
KDDI クレジット 1,439 39  
フール― 1,007 1  
NTTコミュニケーションズ 86 2  
8,9月締め分 82,821 931 10000
118,405 1,152 452,000

 

獲得ポイントが集中しているのは7月になりますね。
7月だけで404,000ポイント、内8割をユーネクストの動画が占めます。
8月は費用の割にポイントが少ないですがやはり打ち切りの影響が大きいですね。
実を言うと8月は動画を買いまくっていたのでもっと請求があるとひやひやしていましたが、予想より少なかったので安心しました。


 

キャンペーンで得たポイントの使い道

前述の通り452,000ポイントを獲得することができました。
ポイントについては全てマイレージに交換する予定です。

既にANAは年間上限の80,000マイル、ブリティッシュエアウェイズ(BA)は244,000マイル、シンガポール航空へ10,000マイル移行しています。あと12万ポイントほどアメックスのアカウントにありますが、移行先はゆっくり考えたいと思います。

アメックスポイントを移行

 

 

そして実際にANAマイルを使用し旅に出かけました

ANAへ移行した80,000マイルはスカイコインに変えて旅作で沖縄に行ってきました。3名で使用したのは計9万マイル弱でした。宿泊費込ですね。詳しくはこちらに。


特典航空券だと枠の奪い合いになり人数が多くなればなるほど難しくなりますので、
スカイコインで利用するのも良いと思いましたね。沖縄の夏の海は最高でした。

沖縄のビーチ

 

 

そしてBAマイルを使う

ブリティッシュエアウェイズ(BA)に移行した244,000マイルの内、40,000マイルでキャセイパシフィックの香港⇒羽田線の片道ファーストクラスを発券しました。通常ですと25万円ほどなので1マイル6円くらいの価値になりますね。ちなみに成田⇒香港はLCCの香港エクスプレスを利用します。



それから70,000マイルを使って年末年始の香港ークアラルンプール往復のビジネスクラス、プレミアムエコノミーを2名分発券しました。4時間のフライトですので往復で1人35,000マイルでの発券はお得だと思います。ちなみに香港へはまだ決めていませんが、便は多いので何とでもなるでしょう。これについては改めて詳しく書きたいと思います。

BAマイルでCX便を発券

BAマイルの利用履歴


やはり短距離だとBAマイルはお得です。
JAL特典で国内もお得ですがアジア周遊はどうでしょう。詳しくはこちらに。


そんな万能なBAマイルはイベリア航空でキャンペーン中です。
最安で1マイル1.5円にて。イベリア航空のAvios(マイル)からBAのAviosに無料で移行可能です。但し、イベリア航空の口座開設後90日は購入または移行ができませんので注意が必要。アカウント開設だけではしておいた方が良いでしょうか。


 

まとめ

今回のキャンペーンで数百万ポイントを得ている人もいますし、一方で突然の打ち切りにより0ポイントになってしまった人もいます。上限を設定していなかったこと、対象者全てを打ち切ったこと、最初から最後までアメックスの祭りだった気がします。ただ9月にキャンペーンを出してすぐに打ち切るのは??ですがね。。。

さて、お祭りは終わりましたがマイル活動は粛々とこなしています。
FX・クレジットカードはやりつくし感が出て来ましたのでモニターが中心でしょうか。最近は MSミステリーショッパーを中心にこなしていましいたが、レポートの多さに疲れ?が出てきましたので、ファンくるに変えようかなと思います。
この辺も色々試していきたいです

こんな感じで貯めています、参考まで。毎月コンスタントに貯めたいですね。


 

関連記事