しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

初めてのエアドゥがベアドゥJETだった 羽田⇒札幌搭乗記

今回初めてエアドゥ(AIRDO)を体験しました。
エアドゥは札幌を拠点としていますので北海道に行く以外は中々利用機会がありません。今回ANAダイヤ修行で羽田⇒札幌の路線を選び折角だからと エアドゥ運航便をチョイスしてみました。

エアドゥは12路線で36往復で運航、詳細は以下の通り。(2015年10月現在)
羽田⇒札幌、旭川、女満別、帯広、釧路、函館
札幌⇒仙台、名古屋、神戸、岡山、広島
函館⇒名古屋

 

 

エアドゥで羽田から札幌へ

先ずは、羽田空港ANAラウンジから、6時過ぎの光景。
ANAと同じ第二ターミナルになります。

羽田ANAラウンジ

 

朝からはあまり飲めないタイプですが折角だからと。

ANAラウンジでビール

朝はバタバタでのんびりする時間はありません。
すぐに56番ゲートへ。大丈夫だろうと余裕こいていましたが、保安検査場から
結構離れていました。エアドゥの出発ゲートは一番端になりますのでご注意を。

羽田空港56番ゲート

あと座席指定について少し。予約後から指定できない日が続きました。
調べて見るとANAからの座席指定は制限している様ですね。
然しながら、出発2日前から空きがぐっと増えてきました。ANAプラチナ効果でしょうか。

エアドゥの座席指定

今回搭乗したのは記念に就航しているベア・ドゥ北海道JET。
北海道の四季をイメージして塗装された特別仕様で2016年夏から
エアドゥの仲間に加わりました。
1機しかないので搭乗できるかは運次第と言うことになりますが基本は
羽田ー札幌みたいですね。機材はボーイング767-300で座席数は288席。

羽田のベア・ドゥ北海道JET

全体が見れないのでエアドゥHPから拝借。
新緑に溢れる春、爽やかな風が大草原に吹く夏、収穫と紅葉、動物が冬支度を始める秋、そして、一面白銀の世界の冬、そんな感じです。

ベア・ドゥ北海道JETの全体画

さて、中へ。入口でベア・ドゥのお出迎えがあり和む瞬間です。

エアドゥ機の入口

シートは2-3-2のタイプ。

エアドゥ機内

私の座った窓際の30Aのシート。

B767の30Aのシート

ヘッドレストカバー。
ベア・ドゥ北海道JETだけの特別仕様です。

ベア・ドゥのヘッドレストカバー

安全のしおり、雑誌その他。

エアドゥ安全のしおり

足元はこんな感じ。実際に座った印象は、そこまで狭い感じはなかったです。
足も組めますし快適でしたね。ちなみに写っているエチケット袋も特別仕様です。

エアドゥ機の足元

珈房サッポロ珈琲館によるオリジナルコーヒー。

珈房サッポロ珈琲館のコーヒー

段々と札幌に近づいてきました。

機内から見た札幌

今回機内販売も試してみました。
就航記念のオリジナルアソート。北海道焼きチーズ、黒千石のフロランタン
アンジェトワールショコラ、ピュアミルク(2個)の5個入り。
北海道焼きチーズは札幌の老舗洋菓子店「きのとや」の新商品と言うことです。

エアドゥ機内販売のお菓子

ボールペンも買ってみました。コーヒーでくつろいでいるベア・ドゥが
たくさん付いています。職場で使う機会はあるでしょうか?
その他エプロンとかエコバックが売られていました。

エアドゥ機内で購入したボールペン

 

中々機会がないエアドゥなのでとても楽しめました。
ANAに搭乗する際、時間的なものがクリアできればコードシェア便を選んでみるのも
楽しいと思います。福岡を拠点に運航しているスターフライヤーも最高でした。


あとLCCのバニラエアも良かったですね。


 

関連記事