しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

エアバスA380 特典航空券を利用できる路線について

世界最大2階建て旅客機のエアバス製A380。どの路線で運航しているか、その路線でマイルは貯まるのか、特典航空券で搭乗できるのか、とにかくA380について興味が沸いてきました。そこで、運航している路線にスポットを当て調べてみました。

 

現在、日本発着をしているA380はシンガポール航空(以下SQ)とタイ国際航空(以下TG)の2社しかありません。過去は何社かありましたが撤退が相次ぎました。TGも撤退?何て噂もあったくらいですから、A380の利用に各社苦慮している感が否めません。尚、SQとTGはANAと同じスターアライアンスのメンバーですからマイルが貯まりますし、特典航空券の利用が可能です。

 

A380とは

総2階建てのA380ファミリーは4クラス制の客室に544席を装備します。全席エコノミー・クラスの場合、最大で853席を装備します。航続距離は最大8,200海里/15,200キロ。2007年10月に商業運航を開始し、現在、成田国際空港を含む世界中の空港で運航されています。 エアバスHPより 

エアバスA380を利用できる路線について

 

SQ 成田ーシンガポール

成田ーシンガポール線に導入しているA380は、ファースト12席、ビジネス86席、プレミアムエコノミー36席、エコノミー245席の全379席となります。
これは1-2-1の配列のビジネス席です。凄いの一言ですね。

SQビジネスシート

現在、SQのA380便は成田発、ロサンゼルスとシンガポール行きの2便しかありません。それぞれの詳細です。2016年3月27日~10月29日運航分。

  成田 ロサンゼルス 成田
便名 出発時間 到着時間 便名 出発時間 到着時間
SQ12 19:15 13:25 SQ11 15:45 19:15+1
  成田 シンガポール 成田
便名 出発時間 到着時間 便名 出発時間 到着時間
SQ11 20:50 03:00+1 SQ12 9:25 17:30

8/11~16 関空、8/10~14名古屋は臨時に運航されます。これは関西・名古屋の方はチャンスかもしれないですね。

  関空 シンガポール 関空
便名 出発時間 到着時間 便名 出発時間 到着時間
SQ619 10:55 16:35 SQ618 1:25 9:00
  名古屋 シンガポール 名古屋
便名 出発時間 到着時間 便名 出発時間 到着時間
SQ671 11:00 17:00 SQ672 0:20 8:05

他の機材での運航が多く、A380は少ないことが分かります。 
尚、特典航空券については各エアラインは自社のマイレージ会員を中心にF・C席を開放していることが多いです。シンガポール航空のA380のF・Cはその他スターアライアンスには開放していないようなので厳しいでしょうか。路線にってはOKかもしれませんが。SQのマイレージ会員(クリスファイヤー)になれば搭乗できる可能性はぐっと高まります。一方でプレミアムエコノミーの座席があるので特典航空券ならそちらもありかなと。また購入の場合はANAマイルを貯めている人にとってはマイルもPPも貯まるので良いかもしれません。

追記
残念ながら2016年秋をもってA380での運航はなくなるもようです。
臨時の運航の可能性はありますので、その機会に搭乗するしかなさそうです。

 

TG 成田ーバンコク

TGのA380は、ファースト12席、ビジネス60席、エコノミー435席の計507席となっています。エアラインによって仕様が変わってきますので、座席も異なってきます。そこが、一つの楽しみになりそうです。

 

タイ航空のA380

 

2016/3/27~10/29 のスケジュールです。成田・関西発バンコク行きの2便しかありません。

TGバンコク線スケジュール

 

過去に日本発着で運航していた便

ルフトハンザドイツ航空エールフランスエミレーツ航空大韓航空アシアナ航空が過去運航していました。韓国系は距離が近く巨大なA380を2時間飛行させるだけで損な気がしますが、A380の訓練用として飛行させていたようです。その役目が終わり、今はアメリカ等に飛ばしています。一方、ヨーロッパ系も早目に撤退しています。羽田路線の発着枠の増加に伴う需給の変化及び他のアジア(香港等)への集中もあったようです。となると、A380のエアバスでの売上状況を考えると今後日本で発着する可能性は少ないような気もします。臨時便はありそうですが。

 

次に日本で発着していない乗継が必要なA380について考えたいと思います。スターアライアンススカイチームワンワールドに分けて。尚、数字は各社のHP、ウィキペディアより算出しています。2016年2月現在。

 

スターアライアンスA380路線

ルフトハンザドイツ航空 14機保有
フランクフルト⇒デリー、香港、ヒューストン、ロサンゼルス、マイアミ、サンフランシスコ、上海、シンガポール
タイ国際航空 6機保有
バンコク⇒ロンドン、パリ、フランクフルト、成田、関西
シンガポール航空 19機保有
シンガポールシドニー、パリ、ロンドン、チューリッヒ
アシアナ航空 4機保有
ソウル(仁川)⇒香港、ロサンゼルス

 

最終目的地をどこにするかで変わってきます。ロスならアシアナ航空でソウル乗継、フランクフルトならタイ国際でバンコク乗継で。SQはストップオーバー(乗継)の特典が豊富なので、パリならSQで乗継とか。

スターアライアンスのメンバーであるANAのマイルなら特典航空券の発券も可能ですので、ANAユーザーでA380乗ってみたい、と言う方ならお勧めです。

スカイチームA380路線

中国南方航空 5機
北京⇒広州、深圳、ロサンゼルス
大韓航空 10機
ソウル⇒ニューヨーク、ロサンゼルス、アトランタ
エールフランス 10機
パリアビジャン、香港、ヨハネスブルグ、ロサンゼルス、メキシコ、マイアミ、ニューヨーク、上海、ワシントン

スカイチームはデルタが最も大きいエアラインですのでデルタスカイマイルを貯めていて、アメリカへ!と言う方は、大韓航空ソウル乗継でA380搭乗が可能です。もちろん、日本から直通も出てますが、ソウルで少々滞在したい、と言う方にはお勧めです。

スカイチームのA380路線

 

ワンワールドA380路線

ブリティッシュ・エアウェイズ 11機保有
香港ヨハネスブルグ、ロンドン⇒ロサンゼルス、マイアミ⇒サンフランシスコ、シンガポール⇒ワシントン
カンタス航空 12機保有
シドニーメルボルン⇒ロサンゼルス、香港、ドバイ、ロンドン 
カタール航空  6機保有
ドーハ⇒ロンドン、バンコク 

ワンワールドJALマイルで特典航空券に交換可能です。3社しか運航していな上、乗継も難しそうですね。バンコク乗継のドーハとかは良いかもしれません。

乗継でA380に搭乗したいと言うことであれば、アジアを本拠地としているエアラインが所属するスタアーアライアンスかスカイチームのマイルをそれぞれ使用しA380に搭乗する手段が良いかと思います。

 

その他

①エディハド航空 3機
アブダビ⇒ロンドン、ニューヨーク、シドニー
エミレーツ航空 73機
ドバイ⇒ロンドン、ニューヨーク、香港、シドニー、上海、ローマ、ミュンヘンバルセロナ他多数 

A380に乗るだけならエミレーツの香港ーバンコクがお勧めでしょうか。2時間程度のフライトですが、ビジネスで往復5万円と比較的安いですので、体験すると言う目的だけなら面白いかと。香港ードバイの路線でバンコクに一旦立ち寄る形なので、安くなっています。

 

関連記事

 

さいごに

飛行機の大将格であるA380に絞り考えてみました。ANAが2019年からA380を導入しますが、日本発着の便が少ないことは寂しい限りです。音が静かとか乗り心地が良いとか聞くたびに早く乗りたくなってきます。結論としては、SQかTGの利用及び、その他でソウル、香港辺りで乗り継いで他の国に飛行する、そんな感じでしょうか。