読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

JGCの特典・メリット・SFCとの違いをまとめてみました

2016年12月JGC修行を解脱しました。
マレーシア航空ビジネスクラスのキャンペーンを絡めて10月からスタート。

終わってみれば早いですね(笑)海外に行ったり国内では修行僧の方と出会いあり。
とても楽しい修行になりました。こちらは全フライトを振り返ったものです。

さて、JALグローバルクラブJGC)について簡単に。
5万FLY-ON-ポイント(JALグループ運航で2.5万、以下FOP)或いは50回(JALグループ運航で25回+1.5万FOP)の搭乗数で入会が可能。JALサファイヤ、ワンワールドのサファイヤ相当のステータスを年会費を支払う限り享受できます。

JGC修行の前に先ずクレジットカードの選択が重要になってきます。
こちらに詳しく。

 

今回、修行を終えたのでJGCの特典についてまとめてみることにしました。

JGCの特典をまとめてみました

先ずはJGCの特典について。

 

ボーナスマイル

JGCになると毎年初回の搭乗時に3,000マイル貰えます。これはクレジットカードで獲得するマイルにプラスされますので、合わせると毎年5,000マイル(club-aカードの場合)になります。(JALカードだと1,000マイル、club-aカード以上だと2,000マイル)以下の様に加算されていました。

f:id:norikun2016:20170428155855j:plain

加えて、搭乗時のボーナスは積算率35%となります。他のステータスと比べて低いですが、毎年クリスタルやサファイヤを維持している人が多くのマイルを獲得する流れは自然だと思います。詳細は以下にて。

エアライン ダイヤモンド JGCプレミア サファイヤ クリスタル JGC
JAL、AA/US 130% 105% 105% 55% 35%
BA 100% 100% 100% 50% 35%

 

予約・搭乗時のサービス

①予約時のサービスについては、
会員専用デスク JALグループ運航の際に予約が可能
優先キャンセル待ち
前方座席指定が可能
があります。専用デスクなので電話が繋がりやすくなったり、指定座席の広がりは時間短縮にもなりますのでとても魅力的です。

②専用チェックインカウンター
国内線・・JALグローバルクラブJGC)カウンター
国際線・・JALファーストクラス・チェックインカウンター(ファーストが無い場合はビジネスクラス・チェックインカウンターまたはJGC

こちらは羽田空港国内線のカウンターです。

f:id:norikun2016:20170428160445j:plain

ワンワールド アライアンス加盟航空会社の利用時は「ワンワールドエリートステイタス」の表示がある優先チェックインカウンターを利用。

専用チェックインは時間の大幅節約につながります。週末とか大型連休時とかは専用カウンターも込むこともありますが、ある程度の時間が読める、と言った点で優れています。

③国内線のJGCエントランス・・羽田空港伊丹空港福岡空港、新千歳(札幌)空港
④優先搭乗 
優先搭乗はあまり大きなメリットは感じません。席は決まっていますから。優先搭乗より先に降りれる座席指定の方がメリットが大きいかと思います。

 

空港での空席優先待ち

優先待ちの種別は以下の通り。
種別S・・ダイヤモンド、JGCプレミアワンワールドエメラルド
種別A・・JGC、サファイヤ、クリスタル、ワンワールドサファイヤ、ルビー
種別B・・一般その他
空席待ちで一番威力を発揮するのは直前に予約をした時とか台風その他の欠航時でしょうか。いざと言う時にとても助かると思います。

手荷物に関して

詳細は以下の通り。長期の旅行や出張時の荷物の多いときは助かります。

JALグループ 国内線 プラス20kg
  国際線 プラス1個(1個あたり32kg以内)
ワンワールド運航 通常運航便 プラス1個またはプラス20kg
  エメラルド会員(JGCダイヤモンド/JGCプレミア
通常プラス1個または通常プラス20Kg
  サファイア会員(JGCサファイア/JGCクリスタル/JGC
エコノミークラス搭乗時
個数制の場合:通常プラス1個23kg、最大2個まで

 

加えて、目的地への到着時の優先手荷物受取は見逃せません。ANAで受けた特典の感覚としては文字通りあっと言う間に出てきました。時間短縮につながりイライラすることも無くなると思います。

 

ラウンジサービス

以下の空港ラウンジは同行者一名まで利用可能、クーポン利用で更に2名追加可能。
国内線サクララウンジ・・新千歳、小松、仙台、羽田、成田、伊丹、関西、広島、松山、福岡、熊本、鹿児島、那覇、以下共有ラウンジ・・青森、岡山、中部、宮崎
新千歳と羽田はダイヤモンド・プレミア・ラウンジあり
国際線サクララウンジ・・羽田、成田、関西(羽田・成田はファーストクラス用あり)

ラウンジサービスは大きいメリットの一つです。
混んでいる時も多いですが、空港のソファ、カフェその他よりもゆっくりできることは間違いないです。旅の前にビールを飲む、と言うのも至福ですが、飲まなくても十分ゆっくりできて楽しめるかと思います。私も空港では飲んで1、2杯ですので、その後はコーヒーとか青汁にチェンジしてまったりしています。

国際線は食事やアルコールが充実していていて魅力です。
名物のカレーとかそばとか、スイーツもあります。ただ搭乗後すぐに機内食とかありますから、ラウンジでの食事は食べ過ぎない様にしたいです。

その他、ワンワールド加盟のラウンジも利用可能になります。
こちらはクアラルンプール国際空港で利用したものです、参考まで。

 

JGCプレミア

JGCに加入した後に80,000FOPに行くとJGCプレミアとなり、通常100,000FOPが必要なダイヤモンド(ワンワールドのエメラルド)と同等のサービスを受けることができます。これはANAにはないサービスです。

ちなみにJALのステータスは、
3万FOPでクリスタル、5万FOPでサファイヤ、10万FOPでダイヤモンドとなります。

JGCプレミアになれば国内のファーストクラスラウンジ、海外のファーストクラス相当のラウンジ(例えば香港のキャセイラウンジとか)が利用可能になります。

 

JGCSFCとの違いは?

予約~チェックイン~ラウンジ~搭乗に関して言えばそこまでの差はないので好みの差になると思います。或いは、JGCSFCと言うよりJALANAの違いについてとか。国内線における違いはこちらにまとめています、参考まで。

ラウンジはJALの方が良さそうですが、双方レベルは高いですので、どちらでも堪能できると思います。そんな中で違いを以下の通り。

 

JGCの方がSFCより取得し易い?

FOPキャンペーンやSFCには無い搭乗回数で達成できることを鑑みるとJGCの方が到達しやすいのは確かだと思います。

例えば、搭乗回数で取得を目指す場合でのお勧めは那覇―石垣でしょうか。狙うはスーパー先得で1日8回の搭乗が可能になります。沖縄に行く旅程も考慮に入れる必要がありますので、2,3日確保して飛行機に乗りまくる方が良いかと。正に修行ですね。私も来年は来年は搭乗回数も良いかなと考えているのですがまだ決めかねています。JAL那覇石垣路線

石垣ピストン

 

国際線でのプレミアムエコノミーへの無料アップグレード

これはANAに軍配です。ANAはチェックイン時に空席があるとエコノミーからプレミアムエコノミーへの無料アップグレードがあります。繁忙期でなければ欧米の長距離路線でのアップグレードも大いに期待でき、安いエコノミーの運賃でお得に過ごせます。これがあるからSFCで、と言う人も多いのではないでしょうか。

norikun-ana.hatenablog.com


JALの場合は無料ではなく、お金を払ってアップグレードする仕組みです。
アジア方面だと片道1万円で利用しても良いかなと思うのですが、アメリカだと3万円でお得は大分薄れますので、疲れている場合を除き私なら利用しないと思います。

 

追記:プレエコの当日アップグレードは値段が上がっています。

特典航空券・マイルについて

マイルを集めやすいのはANA
ソラチカルートがあるANAはポイントサイトで集めたポイントを0.9の還元率でマイルに交換できるのに対し、JALにはそういったルートがありません。

JALサファイヤになったのでANAと比べてみましたがJALの方が特典航空券は取り辛そうです。ただJALはキャンセル待ちが落ちてきやすいっと言った部分があるので、絶対的な比較はできません。こちら参考まで。

 

JGC修行に使えるキャンペーンをまとめてみました。

スポンサーリンク

 

関連記事