読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

B777プレミアムエコノミー搭乗記【SIN⇒NRT】~ANAアライバルラウンジへ

6月初旬1泊3日弾丸シンガポールの旅の復路。
往路はエコノミーからプレミアムエコノミー(以下プレエコ)へアップグレードに成功したが、復路もあっさりと成功したのでプレエコで帰国できることに。24時間前の自動チェックイン後にトライした訳であるがその時点で半数以上は空いており、ANAプラチナ(SFC)特典であるプレエコへのアップグレードは成功し易いと感じた。やはりプレエコは会員用に開放している感が強くお得感満載であり、恩恵を受取ったユーザーは益々ANAへの忠誠を誓うのではないか、なんて考える。

さて、出国手続きを終えプライオリティパスで利用可能なラウンジでシャワーを浴びてすっきり、その後はクリスフライヤーへとラウンジのはしごをした。そして、空港を散策し思い残すことなく午前0時過ぎに搭乗。しかし、深夜便と言うこともあり機内では爆睡し殆ど写真を撮っていないことが帰国後に判明。これでは航空ブロガー失格だ、いや航空ブロガーではないか、失礼。(見習ってもっと詳細にレポートしたい)

そこで、搭乗記にしては写真が少な過ぎ投稿にならないので空港チェックインから時計を1時間ほど巻き戻し始めることとしたい。ベイサンズの噴水ショーから。

 

マリーナベイサンズの噴水ショー(ワンダフル)

マリーナベイサンズのマリーナ湾に面したところで毎晩ショー(ワンダフル)が行われているので行ってみた。噴水をスクリーンにし映像を写すことで、巨大なスクリーンが出現した様に感じることができる。映像に合わせ、交響楽団が特別に収録した曲を流している。こちらはマリーナベイサンズ、手前の橋を渡って5分くらいのところに会場がある。

マリーナベイサンズ

 

ルイ・アームストロングのワンダフル・ワールドが流れサビの部分で噴水が
大きく噴き出し会場を盛り上げていた。 感動的な瞬間だった。僅か15分のショーであるが、背後の高層ビルの明かりに絶妙にマッチして惚れ惚れする演出であった。

噴水ショー

こちらは公式HPの写真。幻想的である。こう言う写真を撮れるようになりたい。

噴水ワンダフル

噴水ショー(ワンダフル)
場所:イベントプラザ
時間:日曜日~木曜日: 午後8時、午後9時30分
金曜日と土曜日: 午後8時、午後9時30分、午後11時
上映時間:15分

 

チェックインからボーイング777-300ER (77W)搭乗まで

噴水ショーを見た後すぐに空港へ。
出発が0時半の便で21時には優先チェックイン完了。
待たずに手続きを終えた。と言うか、時間的なものもあり全体的に混んでいなかった。

空港でチェックイン

その後はラウンジへ。食事は済ませていたのでコーヒーを飲んだり
ブログを書いたりのんびりと過ごす。チャンギは初めてであったが空港内は広く座る
スペースも多いので居心地が良く、加えて出国手続きも非常にスムーズでありまた利用したい空港であった。

norikun-ana.hatenablog.com

 

少し空港を散策した後、午前0時を回り搭乗する。優先搭乗の風景。

搭乗口でのシーン

機材はボーイング777-300ER の264席でプレエコは2-4-2の配列。
先日まで半数以上が空いていたがアップグレード効果かほぼ満席に。

プレエコ機機内

18Aのシート、往路と同じシートを選ぶ。
非常口近くで前が壁の席の方が足元がゆったりしているからである。

B777の18Aのシート

シートその他

数枚の写真を撮ってそのまま爆睡。
飲み物サービスはあったと思うが気付かなかった。それだけシートが快適だったと言えるのではないか、恐るべしプレエコである。食事の提供は着陸2時間前の6時ごろ。

エコノミー機内食

 

 

成田国際線ANAアライバルラウンジへ

定刻通りに到着。そのままバスに乗っても良かったがアライバルラウンジは未体験だったので寄ってみることに。保安検査場を前にして最も左側に位置し国際線到着用と国内線出発用として利用可能なラウンジである。

アライバルラウンジへ

幾つかANAラウンジは体験したが、こちらは白をベースに明るい感じで
違った印象を受けた。個人的には一番好きなデザインだ。

ラウンジ内

8時半過ぎ、込んでいない。
多くは仕事用の格好であり旅人の風貌は私だけであった。

ラウンジの込み具合

食事類。朝食用としては最適ではないか。

朝食類

サンドウィッチ

こちらを頂く。機内食は食べきれず半分ほど残していたので美味しく頂いた。

ラウンジで食べたもの

少しは仕事でもしようではないか、少しは。

パソコンを開く

プレエコはエコノミーの延長線上であるがシートは快適だ。
長距離になればなるほど威力を発揮するので欧米路線でアップグレードできたら
最高だと思う。

ANAアライバルラウンジ
場所:成田空港第一ターミナル到着フロア
ラウンジオープン時間 6:30~19:30
サービス:食事、飲み物、無料wi-fi、シャワー、パソコン、プリンター他

 

こちらは往路の便。

norikun-ana.hatenablog.com

 

 

関連記事