読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

スーパーフライヤーズカードの特典・メリットの全て

ANA ANA SFC修行 ANA SFC修行-まとめ

ついにこの時が来ました。
プレミアムポイント(以下PP)が5万を超えプラチナになりスーパーフライヤーズカード(以下SFC)申込の資格を得ることができました。それまでの道のりです。

 

1月16日 初修行 羽田ー那覇
4月3日3万PPを超えブロンズになる
5月8日5万PPを超えプラチナになる
5月13日画面がプラチナに変わる
5月13日SFC申込
5月21日申込用紙到着
5月21日投函

 

これで何もなければ数週間でカードが到着し次の旅を待つだけとなります。
ニューヨーク、ヨーロッパ、そしてアジア。兎に角どこかに行きたい、色々な機材に乗りたい、遠くのビーチに行ってまったりしたい、全ては旅の準備の為です。

お金以外は準備ができましたので、もう一度カードのメリットを見直すと同時に今後修行を予定されている方に少しでも参考となればと思い書いてみたいと思います。

スーパーフライヤーズカードのメリットについて

SFCとは

ANAプラチナになると申し込めるカードです。カードを継続する限り資格を失うことなくステータスを維持できます。ANAの上級会員であると同時に27社からなるスターアライアンスのゴールド資格を得ることができます。ANAとアライアンスの双方の特典を享受できることになります。 

 日本だけでなく快適な世界旅への通行証といった感じでしょうか。

 

カードの種類

カード種類の選別に関し1つ失敗があります。
SFC修行を始めるにあたりANAマスターゴールドを作っていましたが、マスターカードはプレミアムカードを作れないことが後で分かりました。まあ、年会費が高くなるのでプレミアムカードを作る予定もありませんでしたが、やはりカード選びが重要だと分かります。加えて、プラチナになってからANAカードを申込んでも審査に通らない可能性も否定出来ません。従って、前もって何れかを作っておいてSFC申込んでカードを切替えることが賢明かと思います。

以下12種類のカードを作ること可能です。JCB、VISA、MASTERは使いやすいものを選べば良いかと思いますが、ダイナース・アメックスは入会キャンペーンの内容とか今後年会費を払い続けていくメリットがあるかと言ったことを考える必要があります。

  一般     ゴールド     プレミアム    
種類 取得 年会費 家族 取得 年会費 家族 取得 年会費 家族
JCB 11,070 5,508 16,200 8,100 75,600 4,320
VISA 11,070 5,508 16,200 8,100 86,400 4,320
MASTER 11,070 5,508 16,200 8,100      
ダイナース       30,240 11,340 167,400 無料
アメックス       33,480 16,740 162,000 4枚まで無料

 

 

国内線座席指定の優先

通路側、窓際、複数の席、足元にゆとりがある等々前もって座席を選べる範囲が広くなります。普通に会員専用ページで座席指定を選択すれば可能です。期間は予約開始日から搭乗当日まで。

 

これは、ブロンズになっても享受できる(プラチナ以上は更に開放枠が増える)ことであり既に体験し、相当快適であると実感しています。私は以下画像の14Cを好んで搭乗し足を伸ばして快適に過ごしています。自分(家族)にとって快適な席を見つけその席を選ぶ、大きなメリットだと思います。

ANA14Cシートマップ

 

予約時の空席待ちの優先

満席の場合でも優先して取り扱ってくれます。

 

空席待ちでの体験はありませんが、プレミアムへの当日アップグレードの際、効果を体感しました。予約の順番は関係なく扱ってくれますので、無事当日アップグレードが可能になりました。急な用事だけど満席である、と言った時に威力を発揮します。

アップグレード順番

 

優先チェックインカウンター

以下の空港で国内線優先チェックインカウンターであるPREMIUM CHECK-INを利用できます。

羽田、成田、関西、神戸、新千歳、名古屋、福岡、那覇、小松、広島、宮崎、鹿児島 

国際線の場合は、ビジネスクラスチェックインカウンター、スターアライアンスゴールドの専用カウンターを利用できます。

国内線の優先搭乗は経験がありませんが、ビジネスクラスのカウンターは体験しました。やはり、待つ時間が違います。今後予約クラスに関係なく利用できるようになりますので、大きなメリットです。

 

手荷物受取の優先

国内線だと『PRIORITY』マークが、国際線だと『スターアライアンス』の優先タグを貰え到着後の預け荷物が優先して出てきます。以下はGWに行ったTG便のタグです。

 

飛行機タグ

年末ビジネスクラスに搭乗した際に経験しましたがやはり、早いですね。到着して入国審査を終えて待っているとすぐに出てくる感じですね。クラスに関係なく付けて貰えますので待ってイライラすることもなくなるでしょう。

 

 

専用保安検査場の利用

国内線だと羽田、新千歳、伊丹、福岡で利用できます。
国際線だと成田、羽田で利用可能です。
こちらは成田でTG便で利用しました。時間帯にもよると思いますが全く混んでいませんでした。ANAだけでなくスターアライアンス便搭乗の際でも可能ですね。

ゴールド保安検査

専用保安検査場、手荷物優先受取、優先チェックインカウンターそれらを利用するだけで数十分の時間短縮になり、連休中だと更にメリットを享受できると思います。

 

手荷物許容量の優待

国内線だと搭乗クラスの無料許容量に+20キロが無料になります。
プレミアムクラスだと40キロ+20キロ=60キロ
普通席だと20キロ+20キロ=40キロ

国際線だと+1個無料になります。
ファーストクラスで32キロを3個⇒4個
ビジネスクラスで32キロを2個⇒3個
プレミアム+エコノミークラスで23キロを2個⇒3個

 

スターアライアンス加盟便の場合は個数制の場合+1個、重量制の場合+20キロが無料になります。

 

プレミアムエコノミーへの変更

搭乗手続きの際に空席がある場合、対象運賃以外で搭乗の際でも追加料金なくANA国際線のプレミアムエコノミーに搭乗することが可能になります。

 

プレエコの路線は、アジアだとシンガポールジャカルタバンコク、アメリカは多くニューヨーク、ロサンゼルス、シアトル、ヒューストン他、ヨーロッパはロンドン、パリ、フランクフルト、ミュンヘン他多くの路線があります。

こちらはB787-9のシートです。エコノミーでこれに乗れちゃう可能性があります。北米だと10万円くらいの金額差がありますから相当お得ですね。

プレエコシート

 

変更を狙ってエコノミーを予約する人も多いでしょう。搭乗手続きの際はドキドキしそうです。ぜひ経験したいことでもあります。

追記。プレエコアップグレードに成功しました。

 

ラウンジの利用

本人に加え、家族会員、同行者1名も対象になります。
国内のANAラウンジは、羽田、新千歳、仙台、小松、伊丹、関西、岡山、広島、松山、福岡、熊本、鹿児島、那覇、名古屋となっています。同行者が2名を超える時は、1人辺り2000マイルか2アップグレードポイントが必要になります。

 

国際線の場合は、羽田、成田、関西、名古屋、成田のアライバルラウンジが利用できます。加えて、スターアライアンスの加盟航空会社のラウンジが利用できます。以下は那覇空港のラウンジです。国内線だと飲食系はほぼ同じですね。出発前の生ビール、最高ですね。

f:id:norikun2016:20160522213748j:plain

私はこの8月にタイに行きますが、タイ国際空港のロイヤルラウンジ(ビジネスクラス用)が可能になります。出発前にこちらでまったりしたいです。

f:id:norikun2016:20160522214630p:plain

 

優先搭乗について

これは空港でアナウンスを聞かれたことがあると思います。
事前改札サービス(体の不自由な方、小さいお子さんを連れている方等々)の後で、
優先搭乗が開始されます。

・「ダイヤモンドサービス」メンバー
・「プラチナサービス」メンバー
・スーパーフライヤーズ会員
スターアライアンスゴールド会員
・プレミアムクラスを利用

 

 

フライトボーナス

ANAフライトマイルの計算方法は、区間マイル×予約クラス・運賃種別×ANAカードとなっています。SFCに加えて「ダイヤモンド」「プラチナ」「ブロンズ」のステータスを持っている場合は、積算率の高い方のみが適用されます。

    ANAカード保有  
ステータス 継続年数
ブロンズ 1年目 45 40
  継続2年以上 55 50
プラチナ 1年目 95 90
  継続2年以上 105 100
ダイヤモンド 1年目 120 115
  継続2年以上 130 125
SFC 一般 ゴールド プレミアム
  35 45 50

例えば、SFCゴールドだと45%が永遠に加算されることになります。ブロンズ1年目と同じ積算率です。

 

 

アップグレードポイント

1~12月までのANAグループ運航便で獲得したプレミアムポイントを元にして翌年度に貰えるポイントです。私で言えばプラチナになったばかりの本年度は関係がなく2017年度にもらえると言うことになります。

ポイントで座席クラスのアップグレード、ANAラウンジの利用、スカイコインへの交換がありますが、何と言ってもアップグレードでしょう。ちなみに4万PPだと20ポイントもらえ、8万PPで40ポイント、12PPで50ポイントもらえます。尚、特典は本人及び2親等以内の親族(予め登録が必要)が利用できます。

 

例えば、来年度に私が貰えるのは今のところ20ポイントです。ちなみに、20ポイントだとこんなことが可能になります

①欧米路線だと、
エコノミー⇒ビジネスで10ポイントなので2人分利用可
ビジネス⇒ファーストで20ポイントなので1人分利用可

②東南アジア路線だと、
エコノミー⇒ビジネスで8ポイントなので2人分利用可
ビジネス⇒ファーストで16ポイントなので1人分利用可

北米行きのビジネス⇒ファースト一撃で修行費用を回収できる感じです。
ただ1つ問題なのが対象運賃での搭乗が必要と言うことです。例えば格安運賃だとアップグレードの対象外なのでその点は使い勝手が悪いかもしれません。こちらにまとめてみました、参考まで。

 

ANAカードファミリーマイル

家族で貯めたマイルを合わせて交換ができるサービス。
交換先は、ANA国内線・国際線特典航空券、提携航空会社特典航空券、ANA国際線アップグレード特典、ANA SKYコイン。

尚、ファミリーマイルの参加対象者は、ANAカードの会員及びその家族(ANAカード個人会員)で、生計を同一にし、かつ同居及び配偶者及び一親等以内の家族、です。

 

 

その他

①毎年のカード継続時にプレミアムだと10,000マイル、ゴールド・一般だと2000マイルとなります。
②マイルからスカイコインの優遇。
交換マイル数に応じて決まってきます。50,000マイル以上の交換で最高1.6倍(ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズだと1.7倍)になります。

③会員限定手帳、カレンダーのプレゼント。IHG,ANAホテルでの値引き等の優遇。
ANA国内外のツアー5%割引。
⑤空港内『ANA FESTA』で10%割引。
⑥空港免税店の『ANA DUTY FREE SHOP』で10%割引。
⑦付帯旅行保険・・プレミアムは1億円でその他は5000万の上限が多いです。

SFCの申込については、ANAカードを既に持っている場合は氏名等を書くだけでありとても簡単です。なので、やはり修行開始時にはANAカードを持っていた方がベターだと思います。

 

 

スターアライアンス・ゴールドに

その他、スターアライアンス・ゴールドになることでANA便以外で特典を受けることが可能になります。こちら参考まで。

 

特典航空券の枠

実際に検証してみましたがプラチナ(SFC)になることで特典航空券が取りやすくなることは間違いないようです。SFCの大きなメリットの一つになります。

 

関連記事