しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

【ANA特典航空券】我慢が出来ず6月発券を考える

先日、夏の特典航空券の発券は諦め旅作を利用すると投稿した。


旅作の予定に変更はないが、どうしてもマイルを使って発券がしたくなってきた。
マイルは稼げば何とかなる、そしてその自信がある。でも過ぎていく日は戻らない。
そうだ、6月に行こう。

と言うことで考えてみた。

 

現状のマイル数

先ずは現状を確認。現在のマイル数62,840マイル。
来月以降は各種案件により2万マイルが加算されていくことになり数ヶ月待てば選択肢が広がる。しかし、待ってはいられない。行くと決めたのだ。

保有マイル


ANA便の必要マイル数。6月だとローシーズン(L)になる。香港とか台湾も好きであるが、Cクラスの長距離に乗りたい。従って、アジア2(東南アジア等)に決めた。Lだと55,000マイルである。

ANAマイル必要数

 

 アジア2は以下の通り。

シンガポール バンコク ホーチミン ヤンゴン ジャカルタ ムンバイ、 デリー、 ハノイ クアラルンプール、 プノンペン(2016/9~) 

この中で渡航歴がなく治安を考えてハノイとクアラルンプールに絞ってみた。

 

 

先ずはクアラルンプール を考える

ホテル大国であるクアラルンプールを考えた。日本だと泊まれないホテルに格段に安く泊まることが可能。そこで便のチェック。現状クアラルンプールは成田発の1本しかなく時間帯が微妙であることが分かる。初日は夜遅く到着し帰りは早朝発であり何もできずに終わってしまいそうだ。日程に余裕がないと遊べない。
往路;成田(17:20)⇒クアラルンプール(23:35)
復路;クアラルンプール(7:00)⇒成田(15:00)

 

続いて提携便を検索。
ちなみに往路はTG641 タイ国際航空便の乗継でこんな感じ。復路は夜発で早朝着なので時間的にはこちらの方が魅力的である。
成田(11:00)⇒バンコク(15:30)
バンコク(16:40)⇒クアラルンプール(19:50)

 

しかし、問題が浮上した。ANA提携便利用の際の必要マイル数は63,000マイル必要だと言うことだ。現在、62,840マイルでぎりぎり足りない。と言うことで、ハノイを考えてみる。

 

 

ハノイはどうか

羽田から直行便がある。何て素敵な時間帯なんだろう。機材は787-8でスタッガードで必要マイル数は55,000マイルで足りている。
往路;羽田(8:55)⇒ハノイ(12:15)
復路;ハノイ(13:55)⇒羽田(21:05)

ビジネスクラスのスタッガード


ハノイに傾きかけた。しかしクアラルンプールも魅力的だ。クアラルンプールだとANA便ではなくタイ航空とANA便の併用も可能、しかし63,000マイルが必要。160マイル不足している。

ここで緊急措置としてSPGの1,500ポイントをANA1,500マイルに交換することにした。こう言う時にSPGは便利である。SPGポイントは1:1の割合で多くのエアラインのマイレージと交換が可能。尚、移行期間は数日が必要であり、数日後には63,000マイルを超えることになる。

マイルの問題はクリアした。後は、ハノイにするか、クアラルンプールにするかである。マイルが反映される間に決めることとしたい。

ちなみに、今回1人であるが、2人でも多くの空席があった。ニューヨークやハワイと言った人気都市ならまた違うと思うが、プラチナになり特典航空券利用の範囲が増えたのは間違いないと思う。

 関連記事