しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

【JAL特典航空券】マイルを抑えたFクラスの発券について

ANAJALそれぞれのマイルを貯めていたり、或いはどちらのマイルを貯めようか迷っている方も多いと思います。ANAの方が貯めやすいと言われていますが、最近強く思うことは貯まったマイルの着地点をどうするか、と言うことです。アップグレードにするのか特典航空券にするのか、ANAであればスカイコインに交換して修行費用を捻出するのか。色々考え方があるかと思いますが、ビジネスクラス以上の特典航空券で利用したい、と思っている方も多いと思います。そこで、今回はJAL国際線の特典航空券について考えてみました。以下JAL便、JAL提携便、参考までにANA便の往復に必要なマイル数を書き出してみました。エコノミーでは差はありませんが、クラスが上がる毎に差が付いてくるのが分かります。*ANAはレギュラーシーズンの必要マイル数。

行先 クラス JAL便 JAL提携 備考 ANA便
香港 エコノミー 20,000 21,000   20,000
  ビジネス 48,000 42,000 キャセイパシフィック 40,000
  ファースト 72,000 65,000  
シドニー エコノミー 40,000 50,000   45,000
  ビジネス 80,000 80,000 カンタス航空 75,000
  ファースト 100,000 115,000  
ロサンゼルス エコノミー 50,000 50,000   50,000
  ビジネス 100,000 80,000 アメリカン航空 85,000
  ファースト 140,000 115,000   150,000
ロンドン エコノミー 55,000 55,000   55,000
  ビジネス 110,000 85,000 ブリティッシュ・エアウェイズ. 90,000
  ファースト 160,000 135,000   165,000

JAL運航便が良いのか、それとも提携便が良いのか。必要マイル数、その他違いから考えてみたいと思います。

 

成田ーロサンゼルス

東京発ロサンゼルス行き、先ずはJAL運航便から。
ニューヨークと共に予約が取りずらいフライトでもあります。実際見ると10月で直行便はキャンセル待ちが多いですね。参考までと言うことで関空乗継便ビジネスクラスを以下にて。必要マイル数は通常10万マイルですが、曜日限定特典で8万マイルとなっています。

f:id:norikun2016:20160429194101p:plain

曜日限定特典について

ファースト・ビジネスクラス限定で曜日を選べば限定特典としてお得に乗ることが可能です。日本発を火、水、木、金、海外発を月、火、水、木にすることが必要。期間は2016年10月31日(月)まで。

昨年のマイル改悪の救済措置的なもので何れ無くなる可能性も否定できませんが、利用可能なら利用したいものです。有給取れるとかの場合に限るかと思いますが参考までと言うことで。 以下リンク先です。

JALマイレージバンク - JALホームページ限定 国際線特典航空券 曜日限定特典

 

次にアメリカン航空の直行便のビジネスクラスで8万マイル。
JAL便(曜日限定を利用しない、例えば週末に出発)に比べ2万マイル少ないので、
2人以上で行く際には大きな違いになります。JAL便で行くのか、提携便が良いのか、少しでもマイルを抑えたいと言うことであれば、アメリカン航空が良いかと思います。

f:id:norikun2016:20160429194608p:plain

 

東京ーロンドン

提携便のブリティッシュ・エアウェイズ.便のファーストクラス往復です。JALANAとも16万マイル前後ですから提携便を利用することで2.5万マイル割安の13.5万マイルで行くことが可能です。2月であれば席も空いていますね。とは言え、一人分なら良いですが例えば2人分だと27万マイルですから、ちょっと手が届きにくくなります。

f:id:norikun2016:20160429205019p:plain

次にJAL運航便。JAL便予約のメリットは片道発券及びそれぞれのクラスを別にすることです。往路をプレエコで復路をファーストにしてみました。すると11.5万マイル、2人で23万マイルです。また往路をエコノミー、復路をファーストにすると2人で21.5万マイルになります。プレエコと1.5万マイルの差ですので、この場合はプレエコ+ファーストの方がフライトも長丁場ですからお得では思います。

f:id:norikun2016:20160429205353p:plain

JALのFクラスのシートです。完全に個室ですね。

JALファーストクラスのシート

その他、東京ーシドニーのFクラス往復で1人10万マイルですが、ファースト+エコノミーにすることで1人7万マイル+諸経費になります。東南アジアでJAL便のファーストはありませんのでビジネスで見てみると、東京ーシンガポールバンコクで往復8万マイル、ビジネス+プレエコにすることで6.5万マイルになります。こんな感じで色々な組合せが可能になるかと思います。もちろん、クラスだけでなく実際に予約ができるか、と言うことも重要になってきます。

 

JAL自社便が良いか、提携便が良いかは機材のこともありますが、必要マイル数、クラス変更、或いは片道発券、後は予約のし易さを考慮にする必要があるかと思います。或いは、ANA/JALの双方のマイルと相談ですね。JALで片道発券して、もう一方はシンガポール航空とか。

 

 

JAL便特典航空券変更の基本事項

 

JAL自社便利用時の基本事項を纏めてみました。
①片道7,500マイル、往復15,000マイルから交換可能。
②必要マイルの半数で片道発券可能。
③片道発券と併せての片道運賃の発券が可能。
④会員本人、会員の配偶者、会員の二親等以内の親族、義兄弟姉妹の配偶者が利用可能
⑤他社運航コードシェア便は利用できない。
⑥1特典で、最大3区間まで利用可能。
⑦有効期限は発行より1年後。
⑧搭乗日の前日から数えて330日前の日本時間10時より予約可能。
⑨家族や友人のマイルと自身ののマイルを合算して特典に交換することはできない。
 ただし、「JALカード家族プログラム」・「JALファミリークラブ」会員の方は、家族のマイルを合算して交換可能。
⑩予約・手配完了済みの特典航空券・アップグレード特典をすべて未使用の場合に限り、特典交換に使用したマイル数を元の口座に払い戻すことが可能。

 

国際航空券ディスカウントマイル

エコノミー、プレエコノミ―に限り2016年度ディスカウントマイルが設定されています。例えば、東京ー香港エコノミーが2万マイルに対し、ディスカウントで1.7万マイル、更にJALカードを使用すると1.6万マイルになります。東京ーシドニーだとプレエコで5万マイルがディスカウントで4.5万マイル。JALカードを使用すると4.4万マイルになります。尚、利用期間がありますのでリンクを参考にして下さい。期間が短いので中々利用できそうもありませんが。

JALマイレージバンク - 国際線特典航空券 ディスカウントマイル

 

関連記事

 

さいごに

特典航空券は調べれば調べるほど奥が深いことが分かります。どの路線が良いか、乗継した方が良いか、マイルは? クラスは? 研究課題であり今後も引き続き調べていきたいと思います。