しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

【フレックストラベラー】一撃で15,000マイルを狙う

オーバーブッキングの翌日への振替協力金は2万円又は15,000マイルであり上手く狙えないかと調べていたところ、ある路線が会心の一撃になりそうだったので今回書くことにしました。タイミングが合えば修行僧や出張が多い人には非常に面白いシステムです。先ずは、制度について。

 

対象

SFC修行僧、出張者、その他 搭乗者で少しでも時間に余裕がある人。

制度について

フレックストラベラーについて

乗客予定数が座席数を上回り座席が不足した場合に、当予約済みの中から、ANAが提示する協力金額および代替交通手段に同意され、自主的に便の変更等についてご了承いただける方を募り、ご協力いただいたお客様に対して、協力金のお支払いおよび代替交通手段の提供を行う制度です。ANA HPより

当日の振替だと1万円又は7,500マイルが貰え、それについては以前に投稿しました。また当日の便がなく翌日の振替になると2万円又は15,000マイルが貰えます。尚、翌日になった場合は、宿泊費用も補てんされます。

次にどのくらいの数のオーバーブッキングが生じているか国土交通省が公開している『フレックストラベラー制度に関する資料』を基に作成してみました。最新だとH27.10~12の3ヶ月での数字です

オーバーブッキングの数

ANAで座席不足が月に400件発生しています。 注目すべきはスターフライヤー(以下SFJ)です。月に60件の不足ですが搭乗数に対しての不足座席数の割合はANAの3倍あります。つまり他社に比べ座席以上に予約を入れているのが分かります。ここで思いました。SFJってANAとのコードシェアが多くない?と言うことです。

SFJは早朝・深夜便を売りとしそれ以外の多くはANAコードシェアしています。SFJ北九州空港ハブ空港とし最も多い路線は福岡で次に北九州になります。北九州便はほぼ全便、福岡便は4割程度がANAとのコードシェアになっています。(臨時便等があるので都度変わってきます)

早朝・深夜の乗客率は低いようですから、ANAとのコードシェア便で座席不足が多く発生しているのではと推測できます。ANAとの座席の振り分けはどうなっているか分かりませんが、コードシェア便を狙えばオーバーブッキングの可能性が高まるのでは、と考えます。

SFJ福岡―羽田の28/2の搭乗率は71.4%(ANAへの座席販売分は含まれない;HPより)と高くありません。平日昼の便で満席にはならないでしょうから、週末、最終便他遅い便等に限ればオーバーブッキングを狙えると推測できます。

ちなみに4月28日の福岡⇒羽田です。GW前とは言え殆ど埋まっていますね。SFJ運航を予約できればより可能性は高まるかと思います。もちろん、それ以外の便でも可能性はあると思います。

ANA福岡線予約

SFJ便以外にも羽田⇔伊丹、福岡、千歳、那覇その他路線(羽田が絡む路線)の最終及び1,2便前で翌日振替のオーバーブッキングを狙うことも可能かと思います。特に、羽田へ向かう金曜の最終は出張等で帰る場合が多いので狙い目です。

当日振替でも7,500マイルですから狙いたいです。翌日振替になっても、ホテル費用他全て負担されますので、翌日早朝で帰れば時間に余裕がある人は良いかなと思います。

 

注意点まとめ

①最終便(若しくはその前)に乗る際は頭の隅にでもマイルを思い浮かべてください。
②搭乗カウンター付近で待機をしてください。ライバルもマイルを狙っています。
③アナウンス時に遠慮は要りません。ライバルを蹴散らし一歩前に出てください。勝てば官軍なのです。
④プレミアムは避けてください。普通席に変更になりますので、得した感がありません。

 

翌日振替は予定があれば厳しいですが、当日振替で1便ずらすだけでの7500マイルは大きいです。その他搭乗する際に満席の時(特に週末や最終便)はオーバーブッキングを頭の片隅に留めておけば、思わぬマイルが飛び込んでくるかもしれません。 

 

前回の投稿分はこちら。

 

フレックスパートナーに登録

事前に登録が必要です。とても簡単なので登録しておいてください。

フレックストラベラー制度のご案内|空港・機内で[国内線]|ANA

 以下、ログインして登録を押すだけです。

フレックスパートナー登録

 

関連記事