しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

エバー航空 ビジネス搭乗記とANA特典航空券について

往路のフライト那覇⇒台北線と同じ路線なので内容は減らして、
ANAマイルを使用してエバー航空の特典航空券の利用について考えてみましたので、最後に書いてみたいと思います。こちらは往路の搭乗記です。

4月初旬。台北から那覇へ。
往路では空席が目立っていたのですが、今回はビジネス含めほぼ満席でした。朝一番の那覇行ですから台湾の皆さんも早めに沖縄に行って休暇を楽しむ、そんな感じでしょうか。

台湾桃園空港搭乗口
A330-300(A333)でビジネスシートは6×5列の30席でした。
機体番号B16335で2015年11月に納品された新しい機体です。

エバー航空A333機内
往路よりも小さく感じます。同じ機材の種類でも随分変わってきますね。

機内モニター
足元。丸い柱が無ければ相当快適なんですが。

A333機内足元
飲み物メニューです。朝6時45分発の便ですので、アルコールはどうしようかと
迷いましたが、水だと絵にならないので、折角だからと赤ワインを頼みました。

ビジネスクラスのドリンクメニュー
ワインはたまに飲む程度なので味は分からないですが、飲みやすかったです。

機内で飲む赤ワイン
早朝ですのでブレックファースト。丁度いい量で美味しかったですね。

エバー航空機内食
那覇空港へ到着、バスで移動です。撮っているのは私だけ。

エバー航空機体

 

ANAマイルを使ってエバー航空 お得な路線

エバー航空スターアライアンスのメンバーなので、ANAマイルを使って特典航空券に変えることも可能です。例えばシンガポールはZone4となりエコノミー往復35,000マイル、ビジネスだと60,000マイルです。

特典航空券の必要マイル数

参考までにエバー航空で行くシンガポール便。
台湾で一泊するスケジュールですが、時間帯がすごく良いですね。
松山空港発着なので市街地まで地下鉄10分とアクセス抜群。台湾、シンガポールを一度に観光できます。加えて、両便ともハローキティー号に乗り込めますので好きな人にはたまらないでしょう。フライト333とあるのはA333で私が今回乗った便と同じ機種です。

エバー航空で行くシンガポール

ハローキティー号は限られた路線のみ運行していて、台北発着の羽田、関空、福岡、パリ(CDG)、ヒューストン(IAH)、シンガポール(SIN)、ソウル(ICN)、グアム(GUM)、上海(PVG)となっています。

ANAマイルが貯まってからの使い道について、スターアライアンス便を利用することで、選択肢が広がることが分かりました。エバー航空はアジア内のフライトが多いですので、日本からアジアに特典航空券でフライトする際、選択肢の一つになりそうです。

 

関連記事