しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

バニラエアで奄美大島へ行ってきた LCCを考える

今回初めてバニラエアに搭乗した。

私は飛行機が好きなのでどの航空会社のフライトでも基本OKだ。空港のワクワク感、免税店の香水の香り、全てが好きなのだ。そして、今回バニラエアに搭乗した。その中で今までに無いちょっとした体験をしたことでバニラエアが好きになった。バニラエアに直接伝えたい気分である。それは後述するとして順を追って書くこととしたい。先ずは成田空港第三ターミナルから。

 

成田空港第三ターミナルについて

成田空港の第3旅客ターミナルビルが8日、開業から1年を迎えた。格安航空会社(LCC)専用施設として開業して1年間の旅客数は当初の見込みより9%多い約600万人に上った。平均搭乗率は約90%で、LCCの採算ラインといわれる80%を上回った。 日経新聞電子版 2016/4/9号より 

第三ターミナルは、バニラエア、ジェットスター春秋航空、チェジュ航空がカウンターを設けている。アクセスは簡単。空港第2ビル駅で降りてシャトルバスに乗るか歩いていくかだ。歩いても10分はかからない。

バニラエアで奄美大島

成田空港第3ターミナルはこんなところ

京成線空港第2ビル駅に降りて徒歩で向かいました。

成田空港にて
この道をまっすぐ10分くらい歩いていく。雨にも濡れる心配はない。
荷物が多いときはシャトルバスを利用するのが適案だ。

成田バス乗り場
空港内へ。天井のダクトがむき出しになっている。まだ新しい感じがする。

空港内のダクト
国際線の掲示板。思ったより便が少ない。ピーチがないからか。
ピーチは第一ターミナル。第一ターミナルはプライオリティパスで利用可能な
大韓航空のラウンジがある。一方で第三にはラウンジは無い。

空港内の掲示板

バニラエア国内線のカウンターでチェックインした。LCCのスタッフの人は忙しそうだ。チェックイン、荷物の業務に加え、ひと段落すると搭乗口をサポートしていた。一人何役って感じではないか。

バニラエアカウンター
フードコートへ。席に余裕はあるが昼以降は大分混むに違いない。

成田フードコート
お土産やさん。

お土産屋さん
162番口から出発。

成田162番ゲート番

 

エアバスA320について

今回搭乗する機体。結構近くに待機しているのでシャッターチャンス。

搭乗口近くの機体

バニラエアの機材は全てA320 3×3列の180席である。10Aの席に座る。

A320機内

ちなみにANAのA320は2列少なくなって166席である。

ANAのA320

LCC180席は多くの人を目的としており重量に制限がかかるので、荷物持ち込みに厳しい。今回、『A便ご搭乗の〇〇様、荷物の再測定がありますので、カウンターまで来てください』とのアナウンスを何度も聞いた。何度も測るのか、それだけ重量に制限があると言うことだ。


滑走路へ。前にいるJALさんの後を付いていく。

滑走路から見るJAL
後ろからはマレーシア航空。ワンワールド連合に挟まれた格好である。

滑走路から見るアメリカン航空
B滑走路へ。ここから気合を入れて飛び立っていく。

成田B滑走路

 

機中の紹介

こちらは前方のシートなので足元に余裕があるが全て同じシート。

f:id:norikun2016:20160409212825j:plain
足元はこんな感じ。9席ある若干広いリラックスシートがあるので、
今度はそちらを体験したいと思う。

A320シート
出発前のCAさんの挨拶のシーン。ここで今までにない体験をしたのだ。
リーダーである男性のCAさんがマイクを握っているのだが、計4名のCAさんを
一人づつ紹介していった。名前、趣味、お酒が好きだとか、他愛もないことを
ユーモアを交えて。『ん、いつもと違うな』と感じたであろう乗客は紹介されたCAさんを見るため振り向いたりざわざわしていた。空気が和んだひと時であった。このリーダーの少しでもリラックス頂きたい、と言う思いがあるのだろう。そして、それを可能にする会社の風土と言うものがあるのだろう。バニラエア好きになった瞬間である。

バニラエア機内のCAさん
機内食オーダーも可能。頼もうかと思ったが、好みが無いので止めておいた。

LCC機内食オーダー

 

奄美大島

天候が悪かったので25分ほど遅れて到着した。
空港内のお土産屋さん。

奄美空港のお土産屋さん
ジョイフル。空港内でちょっとお茶しよう、と言う場所はここしかない。

奄美空港のジョイフル
チェックインエリア。

奄美のチェックイン

奄美空港の看板

 

夜はビールで

奄美大島は20度を超えていた。降りた瞬間にもわっとした空気が広がる。
そんな夜にはビールがよく合うのである。

居酒屋でビール

 

バニラエア(LCC)搭乗の注意点

①機内持ち込みは一人につき手荷物1個(56cm×36cm×23cm以内)と身の回り品1個の合計2個まで、重さは合計10kgまで。20キロ以上、定形外は有料である。

LCC制限
②料金プランは3つあり、最近格安な料金も出ているわくわくバニラはキャンセル・変更不可である。用事・仕事・急用で行けなかった、が無いようにしたい。
③国内線のみウェブチェックインが可能、しかし搭乗券は印刷必要あり。
④食事等の持ち込みはLCCによって違ってくる。注意が必要。

 

関連記事