しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

SFC修行 羽田那覇B772搭乗 そして台北へ

4月2日(土)羽田6時20分発那覇行きに搭乗。
早すぎる、羽田までの移動時間を考慮に入れていない予約の仕方だ。
一体何時に起きればいいんだ、始発でも厳しくないかい?前日に気付く。

何とか羽田空港へ。早朝ゆえ週末とは気付かない静けさがあった。
しかし、今日は混雑が予想されるとのアナウンスがあった。

f:id:norikun2016:20160402092719j:plain

那覇行きは満席だ。オーバーブッキングのアナウンスがある。希望者を募り席を譲ってくれないか、というもの。1万円か7500マイルと交換に。今日は込むであろう羽田空港はオーバーブッキングのアナウンスがあちこちで聞かれると思う。

f:id:norikun2016:20160402092843j:plain
今回の機材は、B777-200、通称B772である。
私は通路側の絶好の席を避け、あえて真ん中を選択した。

f:id:norikun2016:20160401154735p:plain

もちろん理由があってのことである。こちらの質問6が頭をよぎったのだ。

簡単に言うと、一人のアメリカのANAユーザーがB773は『通路側より中央の席の方がゆったり座れる』と投稿したので、その真相を確かめたかったのだ。
今回はB773ではないが同じボーイング、3-4-3と2-4-3で若干違いはあるが、同じ様な感じであろう。果たしてゆったり座れるのか、私は身をもって体験したいタイプなのだ。
さて、機内へ。目を疑った。隙間がないのである。

f:id:norikun2016:20160402093130j:plain
足元はこんな感じ。機材が違うためなのか。
トイレも行けないし通路側にしておけば良かった、いや後悔するのは止めておこう、旅はまだ続くのだから。

f:id:norikun2016:20160402093450j:plain
ほぼリアルタイムに書いている。台湾に行ってからだと時間はあまり無いからだ。久しぶりの台湾、何年振りだろうか。両手で足りやしない。さあ、そろそろ時間だ。初のエバー航空、楽しみである。

 

関連記事