しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

関空見学ツアーはおすすめ

先日、関空で展望デッキくらいは見てみたいと思い事前に調べてみると、デッキの他に関空見学コースがあり、しかも席が空いている!と言うことで折角だからと予約をしました。予約が埋まっている羽田の整備工場見学と違い直前でも予約が可能なんですね。その中で、幾つか紹介したいと思います。先ずは、関空展望ホールから。

 

展望ホールが完成した当初は有料だったそうですが、今は無料となっています。関空バス乗り場から無料シャトルバスが出ていますので、関空に行ったついででも十分楽しめると思います。

腹が減っては何とやらでホール内のレストランに向かいました。

f:id:norikun2016:20160325074853j:plain
折角だからと機内食コースを注文しました。右上は牛乳ではなく水です。
ビジネスクラスもありましたが、普通クラスを食べました。美味しかったです。

f:id:norikun2016:20160325074909j:plain
レストランから飛行機も見えます。
そこまで近くではありませんが迫力ある飛行機が飛んで行くたびに歓声が
上がっていましたね。これは大韓航空かな、違ってたらごめんなさい。

f:id:norikun2016:20160325074949j:plain
機内食関空内で作られていて会社が違う2つの工場があります。
このクレーンで高さを調整して機内に運ぶことになります。
バス内から撮影しました。

f:id:norikun2016:20160325075017j:plain
ANAJALシンガポール航空キャセイパシフィック他の機内食を担当する会社はファミレスの『ロイヤルホスト』の運営会社が100%出資して作ったもので、同社は関空の他に、成田、羽田、福岡の各空港へも提供しています。

こちらのバスで関空内を移動しました。広い敷地の移動ですから、
見学の1時間はあっという間でした。

f:id:norikun2016:20160325075415j:plain
まず、位置を確認します。関空HPより引用しています。
4000メートルのB滑走路は上の赤い線の所です。

f:id:norikun2016:20160325090209p:plain

先ずは、給油タンクから。
全部で10基あり1基1200万リットル入るそうです。
想像出来ない数字ですが、B747のジャンボで最大約20万リットルと言うことですから、巨大さが分かります。ちなみに燃料はケロシンと呼ばれるもので、ガソリンではなく灯油に近いものだそうです。

f:id:norikun2016:20160325075442j:plain

この燃料がどのように機体に給油されるかと言うと地下で配管を繋いで待機場へ運んで最後に給油車が給油すると言う流れになります。車で運んでいるのかと思っていたらそうではないのですね。関空HPより引用。

f:id:norikun2016:20160325081506p:plain

こんな感じで翼に給油しています。
給油にかかる時間は、目安として国際線だと約1時間、国内線だと20分だそうです。
国内線は次の便が控えてますから時間との戦いですね。

f:id:norikun2016:20160325081603j:plain
次は、2014年4月にオープンしたフェデックスの物流拠点です。
北アジアで収集した貨物をアメリカ向けに発送する拠点で24時間稼動しています。
毎時9000個の荷物の仕分けが可能との事でこちらも桁が違います。

f:id:norikun2016:20160325075458j:plain
関空のHPより引用しました。上空から見たイメージ図です。B滑走路に下りたフェデックスの機体がそのまま拠点に向かう形でしょうか。

f:id:norikun2016:20160325070111p:plain
最後に関空が行っている環境への取り組みです。B滑走路を眺めることができる空いているスペースを有効に利用する、と言うことでソーラーパネルが設置されました。

f:id:norikun2016:20160325075526j:plain

f:id:norikun2016:20160325075552j:plain
日本で最長の4000メートルを誇るB滑走路に中国南方航空の機体が着陸する様子を見ることができました。音が良いですね

f:id:norikun2016:20160325075648j:plain
スカイビューのお土産屋さんにて。
カッコいいですが高いし第一置き場所に困りそうです。

f:id:norikun2016:20160324212715j:plain
ツアーの詳細はこちらから。

関西国際空港|KIXで遊ぼう!|わくわく関空見学プラン/スカイミュージアムツアー|個人様向けプラン

関連記事 

 

 

さいごに

見学の1時間はほぼバスの中で説明を聞くという形でB滑走路の近くのソーラーパネルのみバスから下りて見学ができました。
展望デッキって去年まで行ったことがなかったのに、
SFC修行で飛行機に乗る機会が増えて飛行機の魅力にはどんどんはまっている
自分がいますね。楽しいひと時でした。