しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

SFC修行 羽田伊丹プレミアム搭乗にて B772の感想

今回所用で関西に来ています。
去年までは新幹線を利用していましたが、今年はSFC修行中なので飛行機で関西です。往路は伊丹空港、復路は関西空港を利用することにしました。そんなに離れていませんし、折角ですから。
さて、羽田に着きました。9時発の伊丹行きです。

 

 

搭乗時間になりました。優先搭乗にこれだけ並んでいます。数えてみましたが、ダイヤモンドメンバーだけで20人、プラチナ・ブロンズ等で60人はいましたね。400人くらい搭乗してますから、休みの日の優先搭乗の割合は高くなりますね。

f:id:norikun2016:20160319105408j:plain

 

今回乗り込む機材です。

f:id:norikun2016:20160319105627j:plain

羽田⇔伊丹路線は777-200(772と呼ぶ場合も多いです)が多く使用されています。
B777とは

運用開始は1995年。2000年代に入りB747シリーズに変わって顔とも言える機種。2019年に退役するB747-400日本政府専用機の後継機として777-300が選定されました。

f:id:norikun2016:20160319121904j:plain

基本機種が777-200でERが付くと長距離用(主に海外)になり、
777-300は200より胴体を10m延長したものでより多くを乗せることが可能、ERはその長距離用(主に海外)です。
2016年1月現在のANA機材の種類です。ANA決算から抜粋しています。全254機中777シリーズは43機となっています。

f:id:norikun2016:20160318210431p:plain

今回搭乗したのは、777-200。777の国内線で最も多く飛んでいる機種です。羽田⇒伊丹のドル箱路線とあってか座席数約400が満席でした。

そして、中へ。プレミアムは、7×3列の21席でした。

f:id:norikun2016:20160319105901j:plain

シートです。

f:id:norikun2016:20160319110018j:plain

シートの詳細です。座席幅50センチ。ゆったりとしています。

f:id:norikun2016:20160319111020j:plain

足元は広く余裕があります。快適です。

f:id:norikun2016:20160319110047j:plain

1時間ちょっとのフライトですから、離陸後すぐの提供です。
アスパラ、ひじき、枝豆、卵焼き、中でも一番おいしかったのが、湯葉と海苔のお吸い物です。これは初めてでしたが、最高に美味しかったです。路線によって提供されるものが違いますから、楽しいですね。

f:id:norikun2016:20160319110221j:plain

キンドルで読書をしながら食後のコーヒー。

f:id:norikun2016:20160319110241j:plain

おまけです。飛行機の窓から。翼の部分に給油しています。

f:id:norikun2016:20160319110942j:plain

 

 

関連記事