読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

マカオから中国珠海へ 中国物価の現状

マカオから中国と国境を接している珠海(ジュハイ)に行って来ました。
中国に住んでいる友人が数年前から中国の物価について色々語っていたこと、加えて年間1億人近い人が出入りする世界最大のボーダーを一目見たくてマカオ滞在中の今回足を運びました。マカオから珠海への行き方、珠海で体験した物価等について書いてみたいと思います。先ずは、意外に簡単だったアクセスから。

港北口岸について

中華人民共和国広東省珠海市香洲区とマカオ特別行政区の間に位置する出入国検査場のこと。マカオ・珠海市間の往来に用いられる代表的なルートであり、春節などの休日の前後には大変混雑する。

珠海の南、マカオの北にボーダーがあります。ちなみに香港と深圳の間にもボーダーがありこちらも利用者の数は凄いです。

f:id:norikun2016:20160314064059p:plain

アクセスについて、マカオ自体小さいのでタクシーで行っても安く上がると思いますが、バスがお勧めです。マカオには電車がないので、バス移動が住民の足になっています。今回はマカオパス(PASMOのようなもの)をセブンイレブンで買って乗り込みました。バス停も至る所にあり港北口岸を始発にしている路線が多いのでバス停で待っていればすぐに乗れるかと思います。そのバスですが、運転は非常に荒いです。座っていないのに急発車なんてざらです。マカオのバスにはご注意を。

f:id:norikun2016:20160313230314j:plain

世界遺産がある中心部から15分程度で到着です。近いですね。

f:id:norikun2016:20160313230916j:plain

多くの人が移動しています。中での撮影は駄目なのでこれくらいしか撮れなかったですね。基本的には1本道です。人々の流れに付いていけば良いかと思います。荷物検査もないのでマカオ・中国側でパスポートのチェックのみです。イミグレにかかった時間はマカオ⇒珠海は40分程度、珠海⇒マカオは30分程度でした。今回は日曜日でしたが曜日や時間帯によって違ってきます。土曜が最も込むのは間違いないと思います。

f:id:norikun2016:20160313231044j:plain

珠海側に着きました。広場と言うか何て言うのでしょう。この敷地はとてつもなく広いです。ただ人がいるためにあるようなものですから、日本では考えられないですね。
野菜を袋に詰めてターミナルに向かっている人が多くいました。マカオから安い珠海に買い物に行って、マカオに持ち帰っている、そういう感じです。

f:id:norikun2016:20160313231230j:plain

今回さほど遠くには行ってないのですが、ターミナル付近に限って言えばビルも多いし道路もきれいに整備されてるし、香港とかマカオとは違った雰囲気を感じました。珠海の人口は年々増えており、2013年末現在で150万人を超える人が住んでいます。日本で人口5位の神戸と同じくらいです。

f:id:norikun2016:20160313231633j:plain

今回は手持ちの150香港ドル(2,000円くらい)を両替しました。
2,000円ですのでどこの両替所が良いレートかは気にせず街にあった所で両替しました。数時間の滞在で特に買い物をする予定も無かったので。珠海では香港ドルは使えませんのでご注意を。

f:id:norikun2016:20160313233846j:plain

散策後、路地裏を見つけたので入って行きました。屋台とか食事するお店が多かったですね。良い匂いがしていました。

f:id:norikun2016:20160313233827j:plain

その中の一軒へ。店を選んだ理由はメニューが分かりやすかった、と言うことですね。
あれこれと中国語で説明できませんので。

f:id:norikun2016:20160313233904j:plain

頼んだのは香港でもお馴染みのチャーシューご飯です。青菜も入っていて上からネギのソースをかけています。結構ボリュームもあって美味しかったです。チャーシュー飯はまず外さないでしょう。気になる値段ですが、13元なので230円(1元17.5円で計算)ほどになります。物価は日本の二分の一から三分の一と言えるでしょうか。

f:id:norikun2016:20160313233931j:plain

食後さらに道なりに進んでいくと足湯の看板が。そう、足ツボマッサージです。これは入るしかありませんね。店内は一人もお客さんがいなくて寂しい雰囲気でしたが、調子の良いにいちゃんの片言英語が面白かったので笑いが絶えず、楽しい時間を過ごすことができました。

f:id:norikun2016:20160313235501p:plain

マッサージ(50分)の値段ですが、60元(1,000円ほど)でした。日本だと今多く出店している一番安い価格が3,000円ほどなので物価は三分の一ということになるでしょうか。

f:id:norikun2016:20160313235520p:plain

最後は定番のマクドナルド。セットで15元と言うのが多かったです。260円ほどになりますから、日本の二分の一程度と言うことになります。

f:id:norikun2016:20160313235811j:plain

余談ですが、基本的に英語は全く通じません。両替所なんかは商売柄英語を話してましたが、街中の食堂やマッサージ屋も含めメニューは指さしで決めたりとそんな感じです。普通に中国人だと思ってがんがん話しかけられますから、外国人慣れしている香港とかマカオとは違った感じがします。

 

さいごに

珠海での滞在時間はイミグレを含め4時間くらいでした。使ったお金は2,000円。十分楽しむことができました。近代的な街の一面と昔の一面が混在する珠海、まあ日本でもそうかもしれません。物価については安いのは間違いありません。上海とか北京だとまた違うと思いますが、ここ数年の円安の影響があってかこれは安い!と言う感覚でないのは間違いないと思いました。