しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

コードシェア便の予約・搭乗の際に知っておきたいこと

f:id:norikun2016:20160227142744p:plain

マイルを貯めて特典旅行へ!とかGW、夏の旅行の計画をしている人も多いと思います。
そこで、搭乗する可能性も高いコードシェア便について注意すべき点を纏めてみました。
コードシェア便とは。

ANA(NH)の便名で、提携会社により運航されることをコードシェアといいます。ANAは世界各地域を代表する航空会社と提携し、コードシェア便をワールドワイドに展開しております。これにより、世界各都市への乗り継ぎがスムーズになり、より便利になりました。 
ANA HPより 

目次

 

ANAコードシェア国内線

ANAJALと言った大手が地方都市を拠点としている航空会社の運行を自社便としてHP上その他で販売しています。例えば、羽田⇒千歳行きですがエアドゥとのコードシェア便が多くあります。

f:id:norikun2016:20160227151101p:plain

現在ANAコードシェア提携先は5社あり、羽田等を拠点として北海道や九州、離島等各地の地方都市に就航しています。

f:id:norikun2016:20160227110027p:plain
提携する5社が運行する便はほぼ全てANAとのコードシェア便になっています。
機材、人員等限りがありますので、運行側としてはANAのチケット販売力を借りたいと言う考え、ANA側としては未就航の都市へ飛んで実績を作りたい等、それぞれが単独では補えないメッリトを享受している、ということだと思います。

 

コードシェア便ANAコードで購入すれば、
・マイルは通常通り貯まります。
・プレミアムポイントも貯まります。
・機内サービスは運行会社の基準に基づきます。
ANAのカウンターで搭乗手続きが可能。
・座席指定は通常通り、出来ない場合も有り。
となり、若干の機内サービスが異なるのみでほとんど差はありません。

 

次に、それぞれの運賃・空席を見て見ます。
2月28日羽田発関空行きです。ANAコードだと30席以上空席がありますが、スターフライヤーのコードの空席は5席しかありません。元々手持ち座席の数が違う、売れ行き(販売力)が違う、の要因があります。
また価格はそれぞれが自由に決定できます。ビジネス切符にするとANAコードの方が安く上がっていますが、通常国内線の場合は運行側の方が安い場合が多いです。

f:id:norikun2016:20160227091135p:plain

 

f:id:norikun2016:20160227091337p:plain

では、運行側の安い方で買った方がお得? と考えることができそうですが、スターフライヤーのコードで購入してもANAマイルは付与されません。

従って、結論としては安い方が良いと言う人は価格を比較した上での購入をお勧めしますし、どちらかのマイルを貯めていると言うことであれば、貯めている側から購入することをお勧めします。


スターフライヤーHP上のQ&Aより。

f:id:norikun2016:20160227094352p:plain

 

ANAコードシェア国際線

1995年にオープンスカイ協定*1が締結されて以来、自由化が進みコードシェア便が増えていきました。現在ANAの国際線でのコードシェア提携会社は31社(内スターアライアンスは19社)となっています。

スターアライアンスコードシェア提携19社。2016/1現在

エア・カナダ、中国国際航空ニュージーランド航空アシアナ航空
オーストリア航空アビアンカ航空ブリュッセル航空
エチオピア航空エバー航空LOTポーランド航空
ルフトハンザ ドイツ航空、深セン航空、シンガポール航空
南アフリカ航空、スイス インターナショナル エアラインズ
TAPポルトガル航空タイ国際航空、ターキッシュエアラインズ
ユナイテッド航空

スターアライアンス以外のコードシェア提携12社。2016/1現在

エアージャパン​、マカオ航空、エア ドロミティ、エティハド航空
ユーロウィングスガルーダ・インドネシア航空
ジャーマンウィングス、ハワイアン航空、ジェットエアウェイズ
フィリピン航空、山東航空、TAMブラジル航空

注意点は以下のとおり。
カウンターが異なる可能性有り。ターミナルが違うこともありますので、事前にチェックが必要。
・サービスは運行会社が基準となります。荷物許容、チェックイン締切り、等違いますので、事前にチェックが必要。
・マイルも通常通り貯まりますが、何れかを選択することも可能、但し例外有り。
・プレミアムポイントも貯まりますが、例外有り。

気になるのはマイル(プレミアムポイント)がどうなるかと言うことですが、スターアライアンスコードシェア便であれば問題ありません。

問題はスターアライアンス以外のコードシェア便です。マイルは付与されますが(どちらか選択も可能)、プレミアムポイントは付かない場合が多いです。

例えば、ANA羽田発ジャカルタ行きでも、
ガルーダ・インドネシア航空(GA)運航便はプレミアムポイントは付かず、
通常のANA運行便は付きますので、注意が必要ですね。

f:id:norikun2016:20160227144135p:plain

 ANAのHPに詳しく書かれています、参考まで。

  

関連記事

*1:1995年頃にアメリカで提唱された協定で航空会社が2ヶ国間あるいは、地域内の各国において空港の発着枠、航空路線、便数などを決められる航空協定の事である。