しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

三井住友カード 毎月必ずやっておきたいこと

f:id:norikun2016:20160225170630p:plain

私自身、マイラーに必須な三井住友ANAカードを1月に申込みしましたが、3月10日の支払いに備えリボ払いの手続きを初めて行いました。このリボ払い特典のメリット・デメリットについて。

 

目次

 

マイ・ペイすリボ

「マイ・ペイすリボ」は、毎月のお支払い金額をお客さま自身に決めていただくお支払い方法です。

毎月のお支払いは、最低お支払い金額5千円から(三井住友プラチナカード、ゴールドカード、プライムゴールドカードは1万円から)。

未登録の人はHPから簡単に申込み出来ます。
最低支払額(5,000円)以上の好きな支払額を設定し、月に一度ですが支払額の変更も可能なリボ払いです。
支払いが10日の人は、前々月16~前月15日まで、
支払いが26日の人は、前月1~前月末日までの利用金額に応じて支払い金額が決定されます。
ちなみに、私の支払日は10日なので、前月の25日、26日辺りに利用金額確定の知らせが届くことになります。

マイ・ペイすリボで得られる特典

リボ払いで支払いすると、通常のワールドプレゼントのポイントに加え、同じポイント数のボーナスポイントを貰えます。

例えば、ANAカードで10,000円分のリボ払いを選択した場合、通常のポイントから変更できるマイルは100マイル(1%)、ボーナスポイントから変更できるマイルは30マイル計130マイルとなり還元率は1.3%です。この30マイル(0.3%)の部分がリボ払い使用による特典と言うことになります。
ほとんどのカードが1%の設定ですから、この還元率はお得ではと思います。

(*この特典は利用金額に応じて(年50万円以上300万円まで)少し上がっていきますが、ハードルが高いのでここでは最低限得られる1.3%に統一しておきます。通常ポイントのマイルへの交換が1:1なのはANAカードのみとなります。)

この特典を得るためには、リボ払いの手数料(利息)を支払う必要がありますが、月々の支払いを事前に変更して(例えば残高を1,000円になるように)利息を最小限(100円とか200円。とにかく利息を発生させることが必要。)にすることで、通常の1回払いに比べメリットがあるということになります。

 

また、ANAカード新規入会者を対象にキャンペーンもあります。最低10万円以上(最長で4ヶ月半の期間で)をリボ払いで使用すれば、8,000マイル、50万以上だと15,000マイルが得られます。これは大きいですね。

f:id:norikun2016:20160225093414p:plain

新規キャンペーンのエントリー期間は以下のようになっています。

f:id:norikun2016:20160225093542p:plain

併せて、年1回以上の利用でカードに応じて年会費が無料又は減額になります。この特典だけでもミニマムで支払う利息分が回収できそうな感じです。

f:id:norikun2016:20160225172133p:plain

実際にやってみた

このリボ払いの重要な点は月々の支払いをミニマムに持っていく、ということです。HP上から簡単に月の利用額の確認と変更ができます。尚、変更は月に1度です。気をつけてくださいね。

f:id:norikun2016:20160225162119p:plain

予め設定した最低支払額より多ければ増額の申し込みをします。

f:id:norikun2016:20160225162422p:plain

 1,000円単位で申込み可能です。

f:id:norikun2016:20160225162657p:plain

こうして、残高(支払額)を最小限にして利息を少なくすることで、マイル変更率1.3%に持っていくことができます。

 

尚、引き落しの銀行によって締切りが変わって来ますので注意が必要です。

f:id:norikun2016:20160225165117p:plain

 

さいごに

利息の支払いを最小限に抑えることができてこの特典ですからメリットは大きいと思いますが、デメリットは強いて言えば毎月忘れずに行っていくと言う管理の面でしょうか。面倒くさいと言うことは否めないですが、キャンペーンの特典が大きいので続けてみようと思います。