しーずざでい  SFC修行とかマイルとか

マイル、飛行機、ホテル、旅行を楽しくレポートするブログ

那覇・石垣間 乗り継ぎ5分 ANAの驚異の対応に感謝!

f:id:norikun2016:20160206205838j:plain

 

私が今日搭乗した便です。乗り継ぎに30分あれば全然大丈夫だと思ってました。

 

2/6 羽田 → 那覇 6:40発    9:25着

    那覇   → 石垣 9:55発 10:55着

 

離陸後、機長からすぐに『強風の影響で到着予定時刻は、30分遅れ9:50分になる予定です。予定のある中大変申し訳ありませんが、、、、、』

 

30分も遅れるのか。乗り継ぎ出来ないんじゃないか、どうなるんだろう、次の便にスライドか、次の便が満席だったら、、色々と頭をよぎります。
心配している間で食事タイムです。美味しく頂きました。

f:id:norikun2016:20160321064734j:plain

離陸後1時間ほどしてCAさんに相談。『到着時間がまだ分からないので、まだなんとも言えません、申し訳ありません。』とのこと。その後、着陸前に『やはり到着してみないと分からない、申し訳ありません。到着後地上係員が出迎えに上がり対応させていただきます』とのことでした。

 

到着30分前の画面です。見づらいですが、この時点で到着時間は9:44分です。

f:id:norikun2016:20160206195027j:plain

 

そこから少しずつ到着予定が遅くなり結局着いたのは当初のアナウンス通り30分遅れ9:50分でした。なお、乗り継ぎ便である石垣出発は9:55分です。

 

そこから一番に飛行機を出ると地上係員の方が立っており石垣行きのお客さんをアテンドしてくれました。到着したのが33番ゲート。石垣便が34番ゲート。隣です。乗り継ぎも考えての構成でしょうか。

 

f:id:norikun2016:20160206203624j:plain

 

石垣便の出発時間は5分遅れ10時発になってました。そして、間に合いました。私以外に10数名の方が同じ乗り継ぎを利用しており、人数が多かったので出発を遅らせたのか、空港の便の調整がたまたま上手くいったのか、理由は分かりませんが、ANAの対応に感謝感謝です。安全第一で遅れるのは仕方ないですから。

 

今回は、到着ゲートと出発ゲートが近かったこと、加えて、到着時間が遅れたこと(遅らせたこと)で難なく間に合うことができましたが、乗り継ぎの際に注意すべき点を今回の経験を元にまとめました。参考にしてもらえればと思います。

 

乗り継ぎで 注意すべき点

① CAさんに乗り継ぎがある旨伝えよう。

CAさんの方でも乗り継ぎのお客さんがいることは理解していると思いますが、こちらからどうしたら言いかを尋ねた方が良いです。どうなるか分かりませんが、色々と情報を貰えるかと。

② 座席はなるべく前を指定しよう。

今回私は前から2番目の席で移動はスムーズでしたが、後ろの方過ぎると間に合わない恐れがあります。乗り継ぎの際は前、そして通路側だとなお良いですね。

③ 乗り継ぎ便のチケットは発行しておこう。

乗り継ぎの旅程が同一の予約内であれば問題ありませんがスキップサービス、羽田→那覇那覇→石垣を別々に予約していましたので、 発券できていませんでした。出発ゲートの場所で発見に5分ほどかかってしまいました。これは大切です。

 スッキプサービスとは

乗り継ぎの旅程が同一の予約内であれば、3区間までスキップサービスでご搭乗いただけます。
最終目的地までの予約情報が入ったeチケットお客様控、ANAのIC機能付きカード・携帯電話、またはダウンロードした2次元バーコードを保安検査場のスキップ端末にタッチしてご搭乗ください。

ただし、以下のケースではスキップサービスをご利用いただけませんので自動チェックイン機または空港カウンターにてお手続きが必要となります。

  • ・旅程が4区間以上となるご予約をお持ちの場合
  • ・乗り継ぎの旅程を別々に予約されている場合(区間毎のスキップサービスは利用可)
  • ・同一日に同一空港から出発する旅程を別々に予約されている場合(2次元バーコードでのご搭乗を除く)
  • ・国際線へのお乗り継ぎ手続きが必要な場合

 

 

さいごに

今回は那覇 → 石垣便が特殊だったため、間に合ったのは否定できないですが、快適な空の旅を迎えるには、やはり時間に余裕を持ってということが大切です。以下ANAのサイトで詳しく書かれています。参考にしてみてください。

 

www.ana.co.jp

 

 

関連記事